スポンサーリンク

動物咬症(犬、猫咬傷)

咬症治療の原則

洗浄

・洗浄は必須。水道水で異物が残らないように洗い流す

・医院では18~19ゲージのプラスチックカテーテルを付けて、ゆっくり洗浄する

・洗浄液が排出されるように尖刃刀で創部を拡張するのも有効

創処置

・縫合はせず、開放創とするのが基本。

・猫咬症では、歯牙が細長く刺入部が深いため、感染を起こしやすい

・犬では、感染徴候がなく、受傷後12時間以内(顔では24時間以内)に症状がみられず、手や足の傷でない場合は縫合可能

 

抗菌薬

・人、猫、野生動物では抗菌薬は必須。

・犬は下記の場合に適応:

深い穿通創

中等度から重度の挫滅創

指、足などの血流が乏しい創

骨、関節部に近い創

深部組織に達する創

縫合した創

免疫不全患者、高齢者

・嫌気性菌との混合感染が問題となるため、セフェム単剤ではだめ(後述)

・感染を起こす潜伏期間は、犬では平均24時間、猫では12時間

 

専門医へのコンサルト適応

・腱に達する創

・皮膚欠損(顔面など)

・感染創

・fight bite

 

起因菌

Pasteurella mitocida:

・グラム陰性球桿菌

・猫100%、犬15~75%が保菌

 

Capnocytophaga canimorsus

・グラム陰性桿菌

・犬74%、猫57%が保菌、時に劇症化

 

抗菌薬治療

・嫌気性菌との混合感染が問題となるため、セフェム単剤ではだめ(後述)

1)AMPC/CAV (Amoxicillin / Clavulanate:オーグメンチン®)

1回375㎎、1日4回を5日間

 

2)ペニシリンアレルギーがある場合

クリンダマイシン(ダラシン®)1回300㎎ 1日4回

+併用:レボフロキサシン(クラビット®)1回500㎎ 1日1回

5日間

 

破傷風予防

免疫状況によって破傷風トキソイド、破傷風ヒト免疫グロブリンを投与

参照:破傷風(予防、治療)

 

 

medicina(メディチーナ) 2019年 増刊号 特集 一人でも慌てない! 「こんなときどうする?」の処方箋85
 

感染
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.がわそのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました