スポンサーリンク

経鼻胃管挿入

・サイズはできるだけ細いチューブ(できれば8Fr)を使用

・咽頭を斜めに横切り、喉頭蓋を圧迫しないように注意する

・挿入する鼻孔と同側の梨状窩に挿入するには、入れた鼻と逆方向に頭部を回旋することで(右鼻腔から入れた場合には左を向く)同側の下咽頭が広くなり、胃管先端が進みやすくなる

・口の中からもチューブが交差していないか確認すること

 

 

 

目でみる嚥下障害(DVD付)嚥下内視鏡・嚥下造影の所見を中心として

コメント

タイトルとURLをコピーしました