スポンサーリンク

腱板断裂

疾患

・最も傷害されやすいのは棘上筋

 

誘発試験

drop arm sign

・検者は患者の手首を持ち、肩関節を90度まで外転した状態で検者はその手を離す。

・脱力感を伴って上肢が降下すれば陽性。

 

painful arc sign

・肩を自動的に外転させると,大結節が肩峰の下をくぐり抜ける60 °~120°付近で痛みが出現し,この角度を超えると痛みが軽くなる。

・同様に,挙上位から下垂する際にも痛みを自覚する。

・インピンジメント症候群や腱板損傷を疑う

 

internal rotator lag test

・棘上筋断裂の検出

 

external rotation lag test

・棘上筋または棘下筋断裂の検出

 

治療

1)保存的治療

・3か月程度の保存治療で疼痛の改善を図る

・関節内注射、鎮痛薬、リハビリテーション

 

2)外科的治療

・若年者、外傷性、肉体労働者などでは早期の手術適応を検討する

① 鏡視下手術

・小~中断裂、一時修復可能な大断裂

② 関節包再建術、人工関節置換術

・それ以上の断裂

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

整形外科・外傷
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました