スポンサーリンク

複視

複視のアプローチ

まずは「片眼性」か「両眼性」かを鑑別

片眼性複視

・単眼毎の疾患や屈折異常(乱視など)、眼科疾患であることが多い

 

両眼性複視

・斜視がある時に存在する複視

眼科疾患でないことが多い

 

斜視の分類

① 内斜視

・片眼が内側に寄っている状態

・外転神経麻痺、開散麻痺/不全、輻輳痙攣

 

② 外斜視

・片眼が外側に寄っている複視

・動眼神経麻痺、MLF症候群

 

③ 上下斜視

・上斜筋麻痺

・斜偏位(小脳、脳幹障害)

 

④ その他(眼位のずれ方向が不規則な疾患)

・甲状腺眼症

・重症筋無力症

・ランバートイートン症候群

・ボツリヌス中毒症

・眼窩筋炎(特発性、2次性)など

 

 

 

 

 

 

救急脳神経系
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました