スポンサーリンク

運動負荷試験、運動強度

運動負荷試験の禁忌

 

心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版)

 

絶対禁忌

1.2日以内の急性心筋梗塞
2.内科治療により安定していない不安定狭心症
3.自覚症状または血行動態異常の原因となるコントロール不良の不整脈
4.症候性の高度大動脈弁狭窄症
5.コントロール不良の症候性心不全
6.急性の肺塞栓または肺梗塞
7.急性の心筋炎または心膜炎
8.急性大動脈解離
9.意思疎通の行えない精神疾患

相対禁忌

1.左冠動脈主幹部の狭窄
2.中等度の狭窄性弁膜症
3.電解質異常
4.重症高血圧*
5.頻脈性不整脈または徐脈性不整脈
6.肥大型心筋症またはその他の流出路狭窄
7.運動負荷が十分行えないような精神的または身体的障害
8.高度房室ブロック

*原則として収縮期血圧>200 mmHg,または拡張期血圧>110mmHg,あるいはその両方とすることが推奨されている

 

運動負荷試験の中止基準

絶対的適応

・(aVR,aVL,V1以外の)心筋梗塞の既往による既存のQ波がない誘導で、ST上昇(>1mm)がある

・作業負荷の増加にもかかわらず、>10mmHgの収縮期血圧低下があり、虚血を示す他のエビデンスをともなっている場合

・中等度~重度の狭心症

・中枢神経系の症状(運動失調、めまい、失神寸前の症状など)

・血液灌流不良の徴候(チアノーゼまたは蒼白)

・運動時の心拍出量の正常な維持に支障をきたす持続性心室頻拍(ventricular tachycardia;VT)または他の不整脈(2度または3度房室ブロック)

・心電図または収縮期血圧のモニタリングの技術困難

・被験者による中止依頼

 

相対的適応

・虚血の疑いのある患者における著名なST偏位(J点から60~80ms後で測定した>2mmの水平型または下降型の偏位)

・作業負荷の増加にも関わらず>10mmHg の収縮期血圧低下があり(持続的なベースライン以下の低下)、虚血を示す他のエビデンスがない場合

・胸痛の増悪

・疲労、息切れ、喘鳴、こむらがえり、または跛行

・悪化したり、あるいは血行動態の安定性に支障をきたす可能性のある、持続性VT以外の不整脈(多源性期外収縮、心室性期外収縮3連発、上室性頻拍、徐脈性不整脈など)

・過度の高血圧反応(収縮期血圧>250mmHgまたは拡張期>115mmHg )

・直ちにVTとの鑑別ができない脚ブロックの出現

 

 

急性心筋梗塞に対する急性期リハビリテーション負荷試験の判定基準

参照:心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版)

1.胸痛,呼吸困難,動悸などの自覚症状が出現しないこと.

2.心拍数が120bpm以上にならないこと,または40bpm以上増加しないこと.

3.危険な不整脈が出現しないこと.

4.心電図上1mm以上の虚血性ST低下,または著明なST上昇がないこと.

5.室内トイレ使用時までは20mmHg以上の収縮期血圧上昇・低下がないこと.
(ただし2週間以上経過した場合は血圧に関する基準は設けない)

※負荷試験に不合格の場合は,薬物追加などの対策を実施したのち,翌日に再度同じ負荷試験を行う

 

最大酸素摂取量

・1分間に体重1kgあたり取り込むことができる酸素の量(ml/kg/分)

・全身持久力の指標

・VO2max(Volume〔量〕、O2〔酸素〕、max〔最大値maximum〕)と略記される

・心疾患患者の運動療法では最大酸素摂取量の40~60%の運動強度が推奨される

 

Karvonen法

・心肺運動負荷試験が行えない場合の処方心拍数計算式

処方心拍数=(予測最大心拍数ー安静時心拍数)✕k+安静時心拍数

k:Karvonen係数(運動強度)。心疾患患者では0.4~0.6

 

嫌気性代謝閾値(anaerobic threshold:AT)

・強度の強い運動を行う場合、筋肉のエネルギー消費に必要な酸素供給が追い付かなくなり、血中乳酸濃度が急激に上昇する。

・この乳酸濃度が上がり始める手前の運動強度の限界点が概念的なATである

・より具体的な指標として乳酸閾値(lactate threshold:LT)とも呼ばれる

最大酸素摂取量の50~60%の運動負荷に相当

・ATレベル以下の運動が有酸素運動である。

 

Borg Scale、修正Borg Scale(自覚症状による運動強度設定)

Borg Scale

・Borg Scaleは6~20までの15段階で、おおよそ心拍数の10拍分を1段階とする尺度で設定されている

・11(楽である)~13(ややきつい)レベルが通常のATレベルに相当する運動負荷と考えられる

Borgスケール

6  全くなし
7  非常に楽である
8
9  かなり楽である
10
11  楽である
12
13  ややきつい
14
15  きつい
16
17  かなりきつい
18
19  非常にきつい
20 もうだめだ

 

修正Borg Scale

・0~10に0.5を加えた12段階の尺度

・酸素飽和度や血中乳酸濃度などを反映するとされる

・4(ややきつい)レベルを目標として運動を行う

修正Borg Scale

0

0.5  非常に楽である

1 かなり楽である

2 楽である

3 楽ではない

4 ややきつい

5 きつい

7 かなりきつい

10 非常にきつい

コメント

タイトルとURLをコピーしました