スポンサーリンク

関節の構造

鞍関節

・相対する関節面が鞍を背中合わせにしたような形で適合している

・第1手根中手関節など

 

顆状(楕円)関節

・関節面が楕円形、関節窩がこれに対応した窪みを形成して、関節頭の長短両軸の周りに動く

・顎関節、橈骨手根関節など

 

 

車軸関節

・骨の長軸の周りに車輪のような回転運動だけが可能な関節

・上橈尺関節、環軸関節など

 

蝶番関節

・運動軸は骨の長軸に直角で1方向だけの運動が行われる

・指節間(IP)関節など

 

螺旋関節

・蝶番関節の変形で、一方の関節面が隆起し、他方が溝状となる

・腕尺関節、距腿関節

 

平面関節

・相対する関節面が形も大きさも同じ平面である。

・関節包と靱帯で硬く包まれ運動は制限されている

・椎間関節、肩鎖関節など

 

 

リハビリテーション
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました