スポンサーリンク

顕微鏡的腸炎(microscopic colitis)

疾患

・画像上、血液検査上、内視鏡検査では明らかな所見はないが、大腸の組織生検にて特異的な所見が認められる病態。

・症状として下痢、体重減少、腹痛、夜間下痢(機能性腸疾患との鑑別)など

・60歳以上の高齢者に多い

・上皮下のコラーゲン層の肥厚(≧10μm(正常0~3μm)が認められる「collagenous colitis」、上皮内のリンパ球浸潤を認める「lymphocytic colitis」が含まれる。

・原因は不明だが、遺伝子に関する報告、腸管自体の異常(T細胞の浸潤、免疫異常など)、感染症の関連、胆汁再吸収の障害、薬剤性などが報告されている。

 

リスクのある薬剤

・PPI

・アスピリン

・NSAIDs

・スタチン

・SSRI

 

治療

・原因薬剤の中止

・下痢を増悪させる食生活の改善(カフェイン、アルコールの中止)

・禁煙

・止痢薬(ロペラミド、コレスチラミン)

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

消化器
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.がわそのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました