スポンサーリンク

IVC(inferior vena cava;下大静脈)エコーによる脱水の評価

IVC(inferior vena cava;下大静脈)エコー

【プローブの位置 】
剣状突起右縁と肋骨下縁のなす角を触診し、そこにプローブを長軸方向にはめ込む。
マーカーは患者頭側(画面向かって右が頭側)

 

【測定部位 】
肝静脈流入部の1~2㎝尾側で測定する。Mモードで記録すると呼吸性変動を記録しやすい。

 

 

 

【評価法】

正常でIVCの直径は最大21mm程度。呼吸の際に静脈還流量が変動することから、この直径も50%以上変動する。(呼吸性変動)。

一方、CVP が上昇すると下大静脈径は拡大し呼吸性変動が消失する。

評価は「パンパンに拡張」「ぺちゃんこに虚脱」「その中間」の3パターンで十分。


パンパン;径22㎜以上で呼吸性変動50%未満
ぺちゃんこ:径12㎜以下で吸気時に虚脱
中間;どちらともいえない場合

 

 

参考文献:下記教科書に詳しい記載あり

エコー循環器
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました