スポンサーリンク

血液ガス(血ガス)の見方: 4steps+2steps

代償の目安

代謝性異常の場合(呼吸性代償性変化)

・代謝性アシドーシス

HCO3- ↓1mEq/L ➡ PaCO2 ↓1.2㎜Hg

・代謝性アルカローシス

HCO3- ↑1mEq/L ➡ PaCO2 ↑0.7㎜Hg

 

呼吸性異常の場合(腎性代償性変化)

・呼吸性アシドーシス

急性:PaCO2 ↑10㎜Hg ➡ HCO3- ↑1mEq/L
慢性:PaCO2 ↑10㎜Hg ➡ HCO3- ↑3.5mEq/L以上

・呼吸性アルカローシス

急性:PaCO2 ↓10㎜Hg ➡ HCO3- ↓2mEq/L

  慢性:PaCO2 ↓10㎜Hg ➡ HCO3- ↓4mEq/L以上

 

血液ガスの見方 ( 4 steps + 2 steps )

Step1:アシデミアなのかアルカレミアなのか?
Step2:呼吸性か代謝性か?
Step3:代償は適切か?
Step4:代償が適切でなければ、他の異常は何か?
Step5:Anion Gapを計算Na+ ー(Cl-+HCO3-):12±2 mEq/L
Step6:AG>12なら、補正HCO3-を計算(二つの代謝性酸塩基平衡異常併存を判断)

 

補正HCO3-

・代謝性アシドーシスをきたしたアニオンギャップ増加分(ΔAG)がなかったと仮定した場合の血清HCO3-濃度のこと

・HCO3-減少分=アニオンギャップ増加分(ΔAG)

 

[補正HCO3-]=[実測HCO3-] + ΔAG
→これが正常値(24 mEq/L)より高いか低いか?
→高ければ、代謝性アルカローシスの併存を考える。

 

アニオンギャップ開大、非開大性アシドーシスの原因

アニオンギャップ開大性アシドーシスの原因

『I SLUMPED』

I:iron(鉄) INH(イソニアジド)

S:salicylate(アスピリン)、sulfide(硫化水素)

L:lactic acidosis(乳酸):循環不全、壊死、メトホルミン

U:uremia(尿毒症)

M:methylalcohol(メチルアルコール中毒)carbon monoxide(一酸化炭素)

P:paraaldehyde(パラアルデヒド)

E:ethl aicohol(アルコール、アルコール性ケトアシドーシス)ethylene glycol(エチレングリコール)

D:diabetec ketoacidosis(糖尿病性ケトアシドーシス、絶食、飢餓)

 

 

 

アニオンギャップ非開大性アシドーシスの原因

・高Cl血症性代謝性アシドーシスになる

・原因

下痢(便へのHCO3-喪失)

尿細管性アシドーシス(H+排泄障害(Ⅰ、Ⅳ)、HCO3-再吸収障害(Ⅱ))

生理食塩水の大量投与(Cl-過剰による尿中へのHCO3-排泄増加)

アセタゾラミド(ダイアモックス®)(尿細管でHCO3-再吸収を阻害)

 

※ 静脈血による血液ガス分析

・pH、HCO3-は動脈血と同等に考えてよい。
(PO2、PCO2、乳酸値、は静脈血で代替できない)

 

※ 乳酸値

敗血性症ショックでは血清乳酸値2mmoL/L(18mg/dL)を超える状態。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました