スポンサーリンク

アルコール飲酒量の問診(適正量、依存の診断)

単位

 

・1ドリンク=アルコール10g
・1単位=2ドリンク=アルコール20g

 

節度ある適度な飲酒

・「1日純アルコール男性20g(1単位)、女性10g以下(0.5単位)」
・「週5日間まで」

 

生活習慣病のリスクを高める飲酒量

1日、男性40g(2単位)以上、女性20g(1単位)以上

 

1単位=2ドリンクの目安(純アルコール20g)

※ 男性の1日の上限(1単位/日)。女性はさらにこの半分(0.5単位/日)

・日本酒1合(180mL)

・ビール中瓶(500mL)(大瓶は2.5ドリンク)

・焼酎25% 0.6合(110mL)

・ウイスキーダブル(60mL)

・缶チューハイ7% 350ml

・ワイングラス2杯

 

飲酒の基礎知識 −公益社団法人アルコール健康医学協会−
お酒を分解する仕組みや酔いのメカニズムな...

 

 

アルコール依存のスクリーニング

 

CAGE質問

C:cut down
「飲酒量を減らさなければならないと感じたことはあるか」
A:annoyed by criticism
「飲酒を非難されて腹を立てたことはあるか」
G:guilty feeling
「飲酒に対して、罪悪感を抱いたことはあるか」
E:morning eye opener
「朝酒や迎え酒をしたことはあるか」

 2項目以上が当てはまる場合は、「アルコール依存症の可能性がある」と診断される(感度76%、特異度90%)

 

AUDIT (the alcohol use disorders identification test)

・アルコール問題飲酒者のスクリーニング。
・8~12点:問題飲酒
・15点以上:アルコール依存

 

 

 

アルコール依存症のスクリーニングから専門的な治療介入までの流れ;SBIRTS

 

SBIRTS(エスバーツ)

S:screening(スクリーニング):hh

CAGEやAUDITで飲酒問題の程度を確認

B:brief intervention(簡易介入):

ハイリスク飲酒者には簡単なカウンセリングを行い、節酒を促す。

動機付け面接法

R:referral to treatment(専門医療への紹介)

アルコール依存症の疑いがある場合には、専門医療の受診を勧める

S:self-help groups(自助グループへの紹介)

回復のため自助グループにつなげる

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました