スポンサーリンク

心因性偽痙攣、転換性障害(うそっこ痙攣、うそっこ麻痺)

<背景>
・ストレスが引き金
・疾病利得がある場合
・医療従事者であることも多い

<鑑別>
・頭部を左右に振る(イヤイヤはウソっこ)
・四肢がバラバラに動く
・骨盤が前後に動く
・対光反射あり、瞳孔正常(本物は散瞳、対光反射不明)
・検者による開眼で眼球逃避あり

<診察>
・drop testで顔面を回避する
・Hoover test
  1)麻痺側の踵の下に片手を置き、もう一方を健側下腿前面に置く 
    →抵抗を加えながら、健側下肢を挙上してもらう
    →偽性では麻痺側も力が入り、下に押してしまう
  2)反対に、麻痺側を上げさせる。
    →正常なら健側には力が入るが、偽性では健側も力が入らず下に押さない。
・Adductor test
  健側大腿内転時に思わず麻痺側内転筋にも力が入ってしまう
・音叉試験
  麻痺側も骨伝導を感じない
・三叉神経刺激試験
  麻痺側も思わず痛がる

<対応>
 しばらく演技に付き合う


脳神経系精神科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました