スポンサーリンク

小児心肺蘇生(BLS→PALS:Pediatric Advanced Life Support ))

言葉の定義

「新生児(neonate)」:出産~1か月まで

「乳児(infant)」:1か月~1歳未満

「小児(child)」:1歳~思春期(女性は乳房発達、男性は腋毛が出た時)まで

「思春期」:女性は乳房発達、男性は腋毛が出た時

※ 思春期以降は成人として扱う

 

小児BLS

意識なし+正常な呼吸なし

10秒以内で脈チェック
乳児:上腕動脈
小児:頚動脈または大腿動脈

「脈がない」または「60回/分未満」なら即座にCPR(胸骨圧迫+人工呼吸)開始
2分毎に脈確認

1人法:胸骨圧迫:人工呼吸=30:2

2人法:胸骨圧迫:人工呼吸=15:2

胸骨圧迫

乳児:

・一人法では「2本指法」で、二人法では「胸郭包み込み両母指圧迫法」で

・100~120/分ペース、乳頭間線の直下、胸郭の厚み1/3(または4㎝)以上

小児:

・「両手法」(ただし小さい小児は片手法を許容)

・5~6㎝(胸郭の厚み1/3以上)

人工呼吸

・脈があれば2~3秒ごとに1回(20~30回/分)人工呼吸

・補助換気継続、2分毎に脈拍確認

AED装着しながらCPR2分施行

・乳児は小児用パッド
・体重10kg以上→成人用サイズ
・体重10kg未満→乳児用サイズ

 

小児ACLSの流れ

CPR開始、BVM使用、酸素投与、モニター、除細動器装着

リズムチェック
・ショック可能(VF、VT)ならショック施行、即CPR再開
・ショック不能(PEAまたはasys)なら即CPR再開

静脈路か骨髄路確保

【骨髄内輸液】
・基本は6歳以下(ただし年齢の上限制限なし)
・骨髄内針(EZ-IO® 18~19G)
・脛骨結節より2㎝内側、1~2㎝遠位の平らな部分(成長軟骨を傷つけないため)
・ゆっくり圧をかけてプツッと骨を貫いたら、あと3~4㎜進める
(針が直立すればOK)
・まず生食でフラッシュ、その後自然滴下で入ればよい
・静脈から投与できる薬剤は全て投与可能

 

リズムチェック
<ショック可能(shockable),つまり Vf または pulselessVT の場合>
・DC 打て!
・1回目2J/㎏、2回目4J/㎏、3回以降4~10J/㎏または成人量まで
・エピネフリン(0.01㎎/kg、最大1㎎)、3~5分後毎に静注
2 分後、Vf または pulseless VT なら DC 打て!
以下繰り返し、エピネフリンに反応がなければ
アミオダロン5mg/㎏、bolusで3 回まで、
またはリドカイン初回1㎎/kg

 

<ショック不可能(unshockable)、つまり Asystole か PEA の場合>
ボスミン 0.01㎎/㎏ (最大1㎎)bolus、できるだけ早く!
以降3~5分毎に繰り返す
advanced airway (挿管、LM、コンビチューブなど)考慮

・小児気管挿管チューブサイズ
鼻の孔と同じサイズ、または小指の爪の幅
(年齢/4+4㎜):1~10歳に適応

・カフ付きを選択

・挿管したら非同期2~3秒に1回(20~30回/分)

・挿管なら capnography 装着

直後と 20 分後呼気 CO2<10mmHg は蘇生困難、

20 ㎜ Hg 以上は蘇生のチャンスあり。

ROSC
・すぐにECGを撮る
・酸素飽和度94~99%、呼気CO2は正常値に

参考文献:

BLSインストラクターマニュアル AHAガイドライン2020 準拠 

2021/4/8
American Heart Association(AHA:アメリカ心臓協会) (著)

救急小児科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました