スポンサーリンク

小児心肺蘇生(BLS→PALS:Pediatric Advanced Life Support ))

意識なし+正常な呼吸なし

10秒以内で脈チェック
乳児:上腕動脈
小児:頚動脈または大腿動脈

「脈がない」または「60回/分未満」なら胸骨圧迫+人工呼吸開始
一人法:胸骨圧迫:人工呼吸=30:2
二人法:胸骨圧迫:人工呼吸=15:2
・胸骨圧迫:100~120/分ペース、胸郭1/3以上深く
・乳児は両手で胸郭包み込み、母指で圧迫、小児は片手法

※ 脈があれば3~5秒に1回(12~20回/分)人工呼吸


AED装着しながら約2分施行
・乳児は小児用パッド
・体重10kg以上→成人用サイズ、
・体重10kg未満→乳児用サイズ

 

【骨髄内輸液】
・基本は6歳以下(ただし年齢の上限制限なし)
・骨髄内針(EZ-IO® 18~19G)
・脛骨結節より2指横下やや内側の平な部分(成長軟骨を傷つけないこと)
・ゆっくり圧をかけてプツッと骨を貫いたら、あと3~4㎜進める
(針が直立すればOK)
・まず生食でフラッシュ、その後自然滴下で入ればよい
・静脈から投与できる薬剤は全て投与可能

 

 

【ACLSの流れ】
<ショック可能(shockable),つまり Vf または pulselessVT の場合>
・DC 打て!
・1回目2J/㎏、2回目4J/㎏、3回以降≧4J/㎏
・MAX<10J/㎏または成人量を越えないように)
CPR、胸骨圧迫:呼吸を 30:2 で 5 セット 2 分。
・ 胸骨下半分、1 分 100-120 回、強くしっかり(push hard and fast)、
・圧迫(小児は胸郭前後径の 1/3 以上)
・胸壁は完全に戻し(complete recoil)、中断避けよ。
・IV または IO(骨髄)ルート取れ

 

2 分後、Vf または pulseless VT なら DC 打て!
CPR2 分、胸骨圧迫:呼吸を 30:2 (二人なら15:2)で 5 セット
・ボスミン 0.01㎎/㎏ bolus、以降3 分から 5 分毎静注繰り返す
・advanced airway (挿管、LM、コンビチューブなど)考慮
・小児気管挿管チューブサイズ
 鼻の孔と同じサイズ、または小指の爪の幅
 (年齢/4+4㎜):1~10歳に適応
・挿管なら capnography 装着、直後と 20 分後呼気 CO2<10mmHg は蘇生困難。20 ㎜ Hg 以上は蘇生のチャンスあり。
・advanced airway 入れば 6 秒に 1 回呼吸
2 分後、Vf または pulseless VT なら DC 打て!
CPR2 分、胸骨圧迫継続、advanced airway 入れば 6 秒に 1 回呼吸
アミオダロン投与、5mg/㎏、2 回まで(リドカインも可)

 

<ショック不可能(unshockable)、つまり Asystole か PEA の場合>
CPR、胸骨圧迫:呼吸を 30:2 で 5 セット 2 分。
IV または IO(骨髄)ルート取れ
ボスミン 0.01㎎/㎏ bolus
advanced airway (挿管、LM、コンビチューブなど)考慮
・挿管なら capnography 装着、呼気二酸化炭素<10mmHg は ROSC あり得ない。
2 分後、ショック可能リズム(Vf、pulseless VT)なら上記 2 へ。
・ショック不能リズム(Asys、PEA)なら CPR2 分
【ROSC】
・すぐにECGを撮る

参考文献:

 

救急小児科
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました