スポンサーリンク

むずむず脚症候群(restless legs syndrome)

疾患

・夕方~夜間にかけて下肢を中心に異常感覚を訴える疾患

・睡眠障害をきたすことがある

・日内変動が問診で重要

鉄代謝には日内変動があり、血清鉄濃度は真昼に高くなり、真夜中に低くなるという特徴がある。この鉄代謝の特徴はが夜にかけて症状が出現し、悪化するムズムズ脚症候群の日内変動と関係していると考えられている

・有力な説として脳内の神経伝達物質の1つであるドパミンの機能障害や鉄が関与していると言われている。

・下肢に限らず、上肢や体幹にも症状が生じることもある。

・「ふるえ」「いたみ」「ほてる」などの訴え

・下肢を動かすことで改善する(問診「トイレに歩くと楽になりますか?」)

 

原因

・病因

原発性

2次性:パーキンソン病、腎不全、妊娠、鉄欠乏など)

若年女性では鉄欠乏と関連あり

・リスク因子

尿毒症
睡眠時無呼吸症候群
妊娠
薬剤(SSRI、抗精神病薬)

 

診断・治療

・まずフェリチンを測定して、鉄欠乏がないことを確認
→鉄欠乏があれば、鉄剤投与

・ドパミン受容体作動薬(ビ・シフロール、ニュープロパッチ)

 

 

脳神経系
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました