スポンサーリンク

重症度の低い胸痛(Precordial catch , Bornholm disease)

【Precordial catch】
・小児の胸痛の8~9割を占める
・健康な若年者(6~12歳)
・鋭く、激しく、限局(指1~2本で示せる範囲内)した前胸部痛が突然起こる
・持続は30秒~3分程度
・放散痛はない
・誘因なく、安静時に起こる
深呼吸で増悪する
・特に治療を要さない

 

【Bornholm disease(流行性筋痛症)】
・Devil’s gripともいわれる(非常に痛い)
・主にコクサッキーウイルスB群による
→夏に多い、小児とその親に多い
発熱と激しい体幹の筋肉痛
小児では腹痛、成人では片側性の胸痛を呈する
・肋骨下縁(横隔膜付着部)の圧痛や、
胸膜摩擦音は診断に有用な可能性がある。
・若年者で胸膜炎を疑ったが、X線や超音波で胸水がない時に疑う
・数日~2週間以内に症状は消失する。

 

参考:

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました