スポンサーリンク

肩関節脱臼:診断と治療

診察

・受傷機転は?(典型的には外転・外旋強制)
・初回か再発か?(初回では骨折の合併を想定)
・PMS(pulse,motor,sensory)に問題がないか確認
・腋窩神経損傷(前方脱臼の10%に合併)
→肩外側の感覚鈍麻、三角筋麻痺→ほとんんどが自然治癒

 

画像検査:整復前に必ずX線撮影すること!

「肩甲骨正面」「肩甲骨Y(scapula Y)撮影」の2方向を指示

 

整復

1.ゼロポジション法

肩甲棘と上腕骨の長軸が一致したポジション。

・肩周辺の筋緊張が均等になり、関節周囲の筋肉や腱などにかかる負担が分散される。

・患者の前腕を両手で持ち、牽引しながらゆっくり外転挙上しゼロポジションに近づける(150°まで外転)

・痛みが強い場合は鎮静下で。

参照(このサイトより引用):https://note.com/kentainoue96/n/n14ae20a1d35c

 

2.FARES法(fast, reliable, and safe)

・上肢を上下に揺らしながら牽引してゼロポジションに持っていく。

・痛みが小さく、整復率が高い

 

3.Stimson法

・重錘3~5㎏

・10~20分程度かかる

 

麻酔

静脈麻酔

・ミダゾラム(ドルミカム®)1㎎

・ケタミン塩酸塩(ケタラール®)20㎎

・チオペンタール(ラボナール®)500㎎+注射用水20mL(25mg/mL)

→3~5mg/㎏(50Kgなら250㎎=10mL)

 

関節腔内麻酔

・キシロカイン10~20mL関注(整復率は静脈麻酔と変わらないといわれる)

 

整復後の固定

・三角巾+バストバンドで内旋位固定

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました