スポンサーリンク

指節関節損傷(DIP、PIP)

Mallet Finge
・副子(そえこ)固定では、DIP最大伸展位~過伸展位(5~15°)
・PIP関節は拘縮しないようにフリー
・副子は掌側、背側どちらでも可

PIP脱臼
・ほとんどが背側脱臼(中節が背側に転位)
・掌側脱臼の場合、関節内に軟部組織が挟み込まれ整復が困難になることがあるため、整形外科コンサルトが必要
・整形外科コンサルト適応
 解放脱臼
 掌側脱臼
 整復困難
 整復後も関節不安定、疼痛継続(骨折の可能性)
・整復
 無麻酔で可(疼痛が強い場合は指ブロック下)
 長軸方向に牽引だけで整復できることがる
 ↓
 牽引でだめなら、
 中節骨近位端を母指で屈側に押しながらPIP伸展
 牽引を加えながら、愛護的にPIPを屈曲
・整復後処置
 アルミ副子固定(伸側に当てる。MPはフリーにする9
 3~5日の副子固定後は、バディーテーピングに変更しROMexを開始させる


整形外科・外傷
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました