スポンサーリンク

抗コリン薬、抗コリン作用 :副作用の多い薬

アセチルコリン作動性神経の作用

・胃や気管支、膀胱などの平滑筋を収縮。

・神経伝達物質としての作用
・唾液分泌

 

抗コリン作用のある薬剤

胃痙攣抑制薬
 ブチルスコポラミン(ブスコパン)
気管支拡張剤
 チオトロピウム(スピリーバ)
過活動性膀胱治療薬
 フラボキサート(ブラダロン)、プロピベリン(バップフォー)、
 オキシブチニン(ポラキス)、ソリフェナシン(ベシケア)、イミダフェナシン(ウリトス))
パーキンソン症候群の補助的な治療薬
 トリフェキシフェナジル(アーテン)
抗ヒスタミン薬(副作用として)
・ヒスタミンH1受容体とムスカリンM1受容体の受容体蛋白質の相同性が高く、またムスカリンM1受容体は主に中枢で発現するため、中枢移行性が高い第1世代抗ヒスタミン薬で抗コリン作用が強く発現する
代表的薬剤:
d-クロルフェニラミン(ポララミン、セレスタミン配合錠)
ジフェニドール(セファドール)
ヒドロキシジン(アタラックス)
フェノチアジン系(ピレチア)
PL 顆粒
抗不整脈薬
 シベンゾリン(Ⅰa)(シベノール)

 

抗コリン薬の副作用

・口渇
・便秘、麻痺性イレウス(腸閉塞)
・膀胱平滑筋の収縮抑制による排尿障害

・認知機能の悪化、せん妄

※ドネペジル(商品名アリセプトなど)は、脳内のアセチルコリンを増やす認知症治療薬。
→抗コリン剤はアセチルコリン作動性神経を抑制する薬であり、脳のアセチルコリン作動性神経の働きを弱め、認知症のような症状を出す
・視力障害(眼圧上昇、散瞳、緑内障、等)

・心悸亢進(頻脈)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました