リハビリテーション

スポンサーリンク
リハビリテーション

ハムストリング(内側、外側)

ハムストリング ・大腿後面を形成する3つの筋肉の総称 ・内側に半膜様筋と半腱様筋、外側に大腿二頭筋 注)ハムストリングの「ハム」とは、元々豚の臀部~大腿にかけての筋肉。 1)内側ハムストリング ① 半膜様筋 参照...
2022.08.10
総合診療・家庭医療

運動負荷試験、運動強度

運動負荷試験の禁忌 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版) 絶対禁忌 1.2日以内の急性心筋梗塞 2.内科治療により安定していない不安定狭心症 3.自覚症状または血行動態異常の...
2022.08.02
総合診療・家庭医療

地域包括ケア(システム、病棟)

地域包括ケアシステム ・保険者である自治体が重層的な支援体制を構築する ・地域包括ケアセンターが核となり、概ね30分以内に必要なサービスが提供できる日常生活圏域(中学校区程度)が単位となる ・本人の選択と本人・家族の心構えが基...
2022.07.21
スポンサーリンク
リハビリテーション

疼痛(分類、侵害受容器、感覚神経)

痛みの分類 ・痛みは、大きく「侵害受傷性疼痛」と「神経因性疼痛」の2つに分類される 1)侵害受傷性疼痛 ・いわゆる急性の痛み ・侵害受傷性疼痛は「体性痛」と「内臓痛」に分類される 2)神経障害性疼痛 ・慢性の長期的な...
2022.07.21
リハビリテーション

肺葉、肺区域

参照(このサイトより引用): 肺葉 肺区域 ・S2:後上葉区 ・右中葉はS4とS5からなる ・左上葉肺尖後区としてS1+S2がある ・左のS4とS5は左上葉に含まれる ・S9:外側肺底区 ...
2022.07.20
リハビリテーション

嚥下造影検査(videofluoroscopic examination;VF)

嚥下造影の検査法(詳細版) 日本摂食嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会 2014 年度版 検査法 透視装置 ・一般に消化管造影などで汎用される X 線透視装置を使用する。 ・X 線透視装置は通常、撮影台(テーブル...
2022.07.19
腎臓

CKDのリハビリテーション

保存期 ・持久力(心肺機能)訓練はどのCKDステージにおいても推奨される。 ・筋力増強訓練は、状態が安定していれば可能 末期腎不全(腎代替療法) 非透析日 ・非透析日は1回30~40分程度の歩行訓練、エルゴメーターなど...
2022.07.16
リハビリテーション

ICU-AW(ICU-acquired weakness)

定義 ・ICUに入室後に発症する急性の左右対称性の四肢筋力低下を呈する症候群 ・Critical Illness Polyneuropathy (CIP)やCritical Illness Myopathy (CIM)を原因とするび...
2022.07.15
リハビリテーション

骨格筋のタイプ、筋紡錘、筋収縮

骨格筋の構造 ・筋収縮ではI帯が短縮する 参照(このサイトより引用): 骨格筋のタイプ タイプⅠ ・赤色 ・遅筋 ・好気的エネルギー(有酸素運動) ・ミトコンドリア多い ...
2022.07.15
リハビリテーション

インセンティブスパイロメトリー

・患者に深い吸気を促す(吸気筋を働かせる)ことで肺の伸展性を高めるためのトレーニング器具(吸気機能改善) 深呼吸や腹式呼吸などの呼吸訓練法とともに古くから用いられており、患者がベッドサイドで簡単に実施することができるた...
膠原病

関節リウマチ

血清反応 抗CCP抗体(抗環状シトルリン化ペプチド(cyclic citrullinated peptide)抗体) ・ACPA(ACPA:anti-citrullinated protein/peptide antibody)とは、様...
2022.07.01
リハビリテーション

脳性麻痺

定義 旧厚生省・脳性まひ研究班会議(1968年) 「脳性麻痺とは、受胎から新生児期(生後4週間以内)までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく、永続的なしかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発現する。 進...
2022.07.01
小児科

二分脊椎

疾患 ・先天的に脊椎の後方要素(棘突起、椎弓など)が欠損している状態 ・神経管閉鎖不全の一つ ・発症原因の一つとして母体の葉酸欠乏があり、妊娠前からの適切な葉酸摂取により発症予防が可能となる 分類 1)顕在性(嚢胞...
2022.07.01
リハビリテーション

発達障害

定義 「発達障害は自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であって、その症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法における定義 第二条) ・慢...
リハビリテーション

ダウン症

疾患 ・ダウン症候群( Down syndrome)またはダウン症は、体細胞の21番染色体が通常より1本多く存在し、計3本(トリソミー症)になることで発症する先天性疾患群である。 ・ダウン症は、ヒトにおいてもっとも一般的な遺伝子疾患...
リハビリテーション

DENVERⅡデンバー発達判定法

・発達・心理検査の1つ ・乳幼児の発達について、「個人-社会」「微細運動-適応」「言語」「粗大運動」の4領域に分けて、その年齢の子供の90%ができる104のチェック項目を提示 ・適応年齢は16日~6歳まで 90%通過率...
2022.06.06
リハビリテーション

大腿義足

リハビリテーション指示 ・離床促進 ・筋力強化(患肢、健側肢、体幹) ・ROM訓練 ・ADL訓練 ・断端管理(弾性包帯のまき直し、シュリンカー) ・大腿ソケット作成と装着訓練 ・義足歩行訓練 ...
2022.06.06
リハビリテーション

フットスラップ

・足義足が踵接地時に底屈する際の底屈が急激に起こり、足底が地面を叩くような状態になること。 ・足部後方バンパーが柔らかい時に発生する 参照(このサイトより引用):
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました