総合診療・家庭医療

スポンサーリンク
消化器

便秘(下剤の種類と使い分け)

ガイドライン 慢性便秘症診療ガイドライン2017  日本消化器病学会関連研究会慢性便秘の診断治療研究会 (編集) ※ まずは薬剤性便秘の除外 便秘を惹起しうる薬剤 ・鎮痛薬:NSAIDs、麻薬 ・抗コリン...
2024.02.27
消化器

慢性下痢

急性と慢性の違い ・軟便(ブリストルスケール5~7)の期間が4週間未満のものを「急性下痢」、4週間以上を「慢性下痢」とする。 (2~4週間を「持続性」ということもある) ・急性下痢の原因は感染によるものが大半を占める ・...
消化器

消化性潰瘍予防(NSAIDs、抗血栓薬使用者の予防)

NSAIDs ・潰瘍の既往があれば、PPI併用が「必要」 ・潰瘍の既往がない場合はPPI併用を「推奨」 (潰瘍既往がない場合のPPIの予防投与は保険適応外となっており、個々の症例に応じて検討が必要) ・NSAIDはセレコ...
スポンサーリンク
消化器

胃食道逆流症(GERD)について(非薬物療法を含む)

ガイドライン 胃食道逆流症 (GERD) 診療ガイドライン 2021 の概説 発症の機序 ① 一過性の下部食道括約筋弛緩 ② 腹圧上昇 筋力トレーニング 激しい運動 ③ 下部食道括約筋圧の低下 病...
2024.02.22
精神科

うつ病(2質問法、DSM-5診断基準、重症度)

PHQ(Patient Health Questionnaire) PHQ-9 ・DSM 診断基準の評価項目が含まれた 9 項目の質問である. ・PHQ-9 のスコア範囲は 0~27 点であり,10 点以上はうつ病の可能性を示唆し...
2024.02.21
総合診療・家庭医療

廃棄物焼却炉

廃棄物焼却炉 安衛法第88条第3項 事業者は、建設業その他政令で定める業種に属する事業の仕事(建設業に属する事業にあつては、前 項の厚生労働省令で定める仕事を除く。)で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするときは、その計画を...
総合診療・家庭医療

咳嗽の鑑別、治療

持続期間による咳嗽の区分 急性:3週間未満 ・かぜ症候群(ウイルス性感冒) ・肺炎 ・COVID-19感染症 遷延性:3週間以上~8週間未満 ・感染後咳嗽 慢性:8週間以上 ・咳喘息 ・アトピー...
2024.02.16
総合診療・家庭医療

気管切開の管理

複管(二重管)タイプ気管切開チューブ ・気管切開チューブには外筒のみの単管(一重管)タイプと、内筒(インナーカニューレ)のある複管(二重管)タイプがある。 ・内筒を使用することの主な利点は、血液や喀痰などの分泌物により気管切開チュー...
皮膚科

抗ヒスタミン薬(種類と使い分け)

「抗アレルギー薬」と「抗ヒスタミン薬」の違い 抗アレルギー薬とは ・アレルギーの初期反応である細胞からアレルギー物質が出るのを防ぐのを「抗アレルギー作用」という。 ・「抗アレルギー薬」は広義ではアレルギー疾患の治療薬のすべてを含む...
2024.02.13
総合診療・家庭医療

能力向上教育

能力向上教育 ・安全管理者等労働災害の防止のための業務に従事する者(安全衛生業務従事者)が、その職務を的確に行い、事業場の安全衛生水準の向上を図るためには、初任時に必要な教育を受けるとともに、その後も、労働災害の動向や技術の進展等を踏まえ...
総合診療・家庭医療

NHCAP(nursing and healthcare-associated pneumonia:NHCAP)医療・介護関連肺炎)

NHCAPの定義 下記の4項目のうち、1つでも該当する者をNHCAPとする ①長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している(精神科病床も含む) ②90 日以内に病院を退院した. ③介護(PS(performance status)...
2024.02.05
総合診療・家庭医療

P値とは(医療統計)

P値とは? ・P値の「P」は「Probability」のP P値の定義: 「差がない」という帰無仮説が正しい時、間違って差が出てしまう確率 ・母集団では差がないのに、抽出されたデータで差が出てしまう「間違いの確率」 ・つま...
2024.01.31
内分泌・代謝

refeeding syndrome(リフィーディング症候群)

疾患 ・高度の低栄養状態の患者に対し、栄養療法開始に伴い血糖値が上昇すると、膵臓におけるインスリン分泌が刺激される一方でグルカゴン分泌は抑制され、グリコーゲン、脂肪、蛋白の合成が開始される。 ・これらの同化反応にはP、Mg等の電解質...
2024.01.27
総合診療・家庭医療

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症について ・血液透析導入患者の原疾患で第1位 ・早期診断のためには「微量アルブミン尿」の検出が有用。そのため「尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)」の測定を行う ・ACRの正常値:<30mg/gCr ・A...
2024.01.26
膠原病

TAFRO症候群

疾患 ・ 血小板減少(Thrombocytopenia) ・ 全身性浮腫 / 胸水 / 腹水(Anasarca) ・ 発熱(Fever) ・ 骨髄細網線維化(Reticulin fibrosis) ・ 臓器腫大 / 肝腫大 / 脾...
2024.01.26
血液

POEMS症候群(Polyneuropathy, Organomegaly, Endocrinopathy,M-Protein, and Skin Changes Syndrome)

参考: 1.概要 ・形質細胞の単クローン性増殖が基礎に存在し、形質細胞が産生する血管内皮増殖因子(VEGF)による血管透過性亢進が引き金となって多彩な臨床症状が出現する稀な疾患(人口10万人あたり0.3人) ...
2024.01.25
診察・検査

高齢者の発熱診察(市中、院内)by Dr.たけし

夜間、休日でも緊急でワークアップする必要があるか、あるいは経過観察でよいかの判断 ※ 敗血症になっていないかを判断すること! qSOFA 「SBP≦100」 「RR≧22」 「GCS<15」(意識変容)のうち2つ以上...
2024.01.25
総合診療・家庭医療

フレイル高齢者の浮腫

「圧痕性浮腫(pitting edema)」と「非圧痕性浮腫(non-pitting edema)」に分類 ① pitting edema(圧痕性浮腫) ・心不全、ネフローゼ症候群、肝硬変、深部静脈血栓症、薬剤性など ・圧痕性浮腫...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました