スポンサーリンク

DIC(disseminated intravascular coagulation; DIC)

概念

・重篤な基礎疾患によって引き起こされる広範かつ持続的な著しい凝固系活性化に伴い、細小血管内に微小血栓を多発する病態である。これにより多臓器に障害が生じる。

・また同時に線溶系活性化も合併するが、基礎疾患によりその程度は異なる。

・進行すると血小板、凝固因子などが大量に消費され、消費性凝固障害に至る。

・線溶亢進と消費性凝固障害により出血症状を来す。

 

分類

・DICは線溶系の活性化の程度により、「線溶抑制型(凝固優位型)」「線溶均衡型」「線溶亢進型(線溶優位型)」に大まかに分類される

 

凝固系検査項目

必須項目

・PT

・APTT

・フィブリノゲン(重症で減少)

・FDP

・D-dimer(線溶亢進で上昇)

・AT

・TAT(トロンビン・アンチトロンビンⅢ複合体)(凝固亢進で上昇)

・PIC(プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体)(線溶亢進で上昇)

・PAI(プラスミノゲンアクチベーターインヒビター)(凝固亢進で上昇)

 

参照(このサイトより引用):http://igakukotohajime.com/2020/05/13/%E5%87%9D%E5%9B%BA%E3%83%BB%E7%B7%9A%E6%BA%B6%E7%B3%BB/

線溶系

線溶系とは、プラスミン(plasmin)がフィブリノーゲン、フィブリンを溶かす機序をいう。

プラスミン(plasmin)

・血管内皮細胞から作られたtPA(tissue plasminogen activator:組織型プラスミノーゲン活性化因子)によりプラスミノーゲン(plasminogen)がプラスミンとなり、このプラスミンがフィブリノーゲン、フィブリンを分解する。

・フィブリノーゲンもしくはフィブリンの分解産物をまとめてFDP(fibrin/fibrinogen degradation products)と表現し、フィブリンの分解産物のD domainが架橋されてペアになったものをD-dimerという。

PIC(plasmin・α2-plasmin inhibitor complex)

・プラスミンはα2-PI(α2-plasmin inhibitor)によって阻害される。線溶系の活性度を知るための指標としてはプラスミンが半減期が短く測定できないため、このプラスミンとα2PIの複合体であるPIC(plasmin・α2-plasmin inhibitor complex)を測定することで線溶系の活性度を測定する(線溶亢進で上昇)。

 

FDPとD-dimer

・FDPはフィブリノーゲンかフィブリン、D-dimerはフィブリンの分解産物。血栓が産生されると線溶系により分岐されることで両者は基本的一緒に上昇する。

しかし、線溶系がとても亢進している場合は、フィブリノーゲンがフィブリンになる前に線溶系により分解されてしまう。この場合、フィブリノーゲンが分解されるのでFDPは上昇するが、フィブリンはまだ少ないためD-dimerはあまり上昇しないという「FDPとD-dimerの解離」が起こる。これは特に線溶亢進型DICで特徴的である。

 

TAT(thrombin・antirhtombin complex)

・AT(antithrombin:アンチトロンビン)はⅡa(トロンビン:凝固促進因子)と結合し、酵素活性を阻害することで抗凝固作用を示す(ヘパリンはこの経路を促進することで抗凝固作用を持つ)

・Ⅱa(トロンビン)は半減期が短く測定困難なので、ⅡaとATの複合体であるTAT(thrombin antirhtombin complex)で凝固因子の活性化を評価する(線溶系のPICと対応した測定項目)。

 

 

 

 

内科レジデントマニュアル 第9版

血液
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました