スポンサーリンク

H反射、H波

参照:https://www.rehabilimemo.com/entry/2016/08/14/151825

 

・H反射は、1990年にドイツのPaul Hoffmannによって報告され、Hoffmann氏の頭文字からH反射と呼ばれる。

・筋に電気刺激を与えると、太く興奮しやすい(閾値の低い)感覚神経であるⅠa線維が刺激される。

刺激はⅠa線維を上行して脊髄内に到達する。

脊髄内でシナプスを介してα運動ニューロンに伝わり、α運動線維を下行して筋に到達し、筋の収縮が起こる。

この筋収縮の筋電図波形を「H波」とする

・検出できるのは、筋紡錘の多い「ヒラメ筋」「大腿四頭筋」「橈側手根屈筋」に限定される。

 

 

リハビリテーション医学・医療コアテキスト準拠 リハビリテーション医学・医療Q&A
 

 

 

リハビリテーション医学・医療コアテキスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました