スポンサーリンク

TIA(一過性脳虚血発作)

TIAの定義(2019年10月:日本脳卒中学会)

「局所脳または網膜の虚血に起因する神経機能障害の一過性のエピソードであり、
急性梗塞の所見がないもの。神経機能障害のエピソードは、長くとも24時間以内
に消失すること。
※画像上、梗塞巣のある TIA という概念は存在しなくなります。

(画像所見があれば、症状が24時間以内に消失しても「脳梗塞」の診断になる)

 

診察

・5%が2日以内に脳梗塞に進展するため危険。

・受診したら、まずは低血糖の除外から

 

意識消失を認める場合、失神との鑑別が必要

・意識消失時間は5~10分と長い(通常の失神は1~2分)

意識消失の前後で神経脱落症状(片麻痺、構音障害、しびれ、眼前暗黒感、顔面神経麻痺、回転性めまい、小脳失調など)を認める

 

ABCD2 score:TIA後の脳梗塞発症リスク評価

・以下の5項目評価にて、脳梗塞に移行する危険性を判断する

A:age

B:blood pressure

C:clinical features(麻痺、構音障害)

D:duration of symptoms

D:diabetes

 

項目 点数
 A:age  60歳以上  No:0点 Yes:+1点
 B:blood pressure  収縮期血圧140mmHg以上
 もしくは
 拡張期血圧90mmHg以上
 No:0点 Yes:+1点
 C:clinical features  片側の脱力  +2点
 脱力を伴わない発語障害  +1点
 その他の症状   0点
 D:duration of symptoms  10分未満   0点
 10~59分  +1点
 60分以上  +2点
 D:diabetes  糖尿病  No:0点 Yes:+1点

 

リスク判定

低リスク:0~3点

中リスク:4~5点

高リスク:6~7点

4点以上では入院治療が推奨される

※4点以上では、急性期(21日間)にDAPT(抗血小板薬2剤併用療法:アスピリン+クロピドグレル)3週間以上で出血リスクが高くなってしまうため3週間に留めること

※低リスクでも「MRI DWIで病変陽性例」「心房細動合併症例」「頸動脈・頭蓋内動脈の50%以上狭窄病変合併症例」は注意を要する。

 

治療

※ 基本的には専門医に入院の相談をする必要あり

発症から48時間以内、特に24時間以内は脳梗塞に移行する可能性がある

 

治療薬

非心原生

急性期(発症48時間以内):

① DAPT:

アスピリン160~300㎎/日(通常200㎎)

プレタールOD(100) 1回1錠 1日2回

または

プラビックス(75) 1回4錠1日1回、2日以降は1回1錠 1日2回

 

② アルガトロバンor オザグレルナトリウム点滴静注

 

・原則的には降圧はしないが、SBP>220mmHgまたはDBP>120mmHgが持続する場合に限り、155程度の降圧を試みる

 

48時間後~21日間:

DAPTは、3週間以上で出血リスクが高くなってしまうため、3週間に留めること

・DAPT

アスピリン100㎎

プレタールOD(100) 1回1錠 1日2回

または

プラビックス(75)1回1錠 1日2回

 

21日以降(慢性期):

・アスピリン100㎎単剤

 

心原生(NVAF:nonvalvular atrial fibrillation)

DOAC(Ccr≧30mL/分)またはワーファリン

 

・Af合併例ではDOAC

 

 

救急外来ドリル〜熱血指導! 「ニガテ症候」を解決するエキスパートの思考回路を身につける

 

 

 

 

 

 

 

総合診療 2020年 12月号 ‟ヤブ化”を防ぐ! 「外来診療」基本の(き)Part2

脳神経系
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました