スポンサーリンク

WMS-R(Wechsler Memory Scale-revised)

・国際的に頻用されている総合的な記憶検査。

・記憶のさまざまな側面を測定することができるので、認知症をはじめとする種々の疾患の記憶障害を評価するのに有効。

・言語を使った問題と図形を使った問題で構成され、13の下位検査がある。

・「一般的記憶」と「注意/集中力」の2つの主要な指標、および「一般的記憶」を細分化した「言語性記憶」と「視覚性記憶」の指標が得られる。

・また「遅延再生」指標も得られる。

 

※言語性記憶と視覚性記憶

・言語的記憶

聞いたり読んだりした言語で表すことのできる記憶
例)物の名前 出来事の説明 社会生活上のルールの知識

・視覚的記憶

映像や記号など視覚的な形で保存される記憶
例)人の顔 図柄 建物の見取り図 部屋の中の物の配置

 

 

WMS-Rの問題構成
1. 情報と見当識
2. 精神統制
3. 図形の記憶
4. 論理的記憶I
5. 視覚性対連合I
6. 言語性対連合I
7. 視覚性再生I
8. 数唱
9. 視覚性記憶範囲
10. 論理的記憶II
11. 視覚性対連合II
12. 言語性対連合II
13. 視覚性再生II

 

リハビリテーション
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました