スポンサーリンク

てこの原理

参照(このサイトより引用):https://www.atomlt.com/cstower/atomnews/sumai/p2873/

原理

・てこの原理は、力点に力を加え、支点を中心とした回転運動により、作用点に大きな力を加えることができる原理です。

・てこの原理は大きく3つに分けて説明することができます。

 

第1のてこ

力点と作用点を結んだ間に支点があるてこ

 

 

第2のてこ

支点と力点を結んだ間に作用点がある

 

第3のてこ

支点と作用点を結んだ間に力点がある

 

人体中でのてこの原理

 

 

 

計算の原則

・てこの原理とは、力のモーメントにより、重い物を「小さな力で動かす」ことができる法則

・支点から作用点までの「距離」と作用点の「重さ」を掛けた値が、支点から力点までの「距離」と力点に作用する「重さ」を掛けた値が等しい

 

W×L1=P×L2

 

 

力のモーメントの計算方法と単位

 

リハビリテーション
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました