スポンサーリンク

オピオイド誘発性便秘症(opioid-induced constipation:OIC)

・オピオイドの副作用による便秘には耐性が生じないため、オピオイドを使用し続ける限りは永久に問題となるため、対策を講じる必要がある。

 

対処法

① 便秘が生じにくいオピオイドにスイッチ

フェンタニル、タペンダドールは便秘が生じにくい

 

② OIC治療薬のナルデメジン(スインプロイク®)の投与

投与法:

・ピオイドを開始する際、酸化マグネシウムやセンノサイドの屯用を処方

頻回に使用するようなら、ナルデメジン定期内服を開始

Rp)スインプロイク(0.2㎎)1T 1×朝食後

 

 

 

総合診療 2020年 4月号 特集 大便強ドリル 便秘・下痢・腹痛・消化器疾患に強くなる41問!

 

 

緩和治療
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました