スポンサーリンク

ジアルジア症

疾患

・嚢子を経口摂取することで感染する原虫による糞口感染

・南アジア、東南アジアでの旅行者下痢症として認める

・先進国ではおむつのまま乳児が遊んでいるプール、汚染水による集団感染、感染した紙おむつを扱った介護者間の感染、MSMなどによる肛門性交からのヒトーヒト感染、汚染水で処理したレタスなどの食物摂取による集団感染など

・低胃酸症、肺線維症、免疫能低下も危険因子となる

・潜伏期:1~2週間

・第5類感染症

 

症状

・悪心、嘔吐、水様下痢、腹痛、鼓腸

(上部小腸に感染するが組織侵襲性はなく、血便や発熱はまれ9

 

 

検査

・便や十二指腸液の検鏡で「洋ナシ型の8本の鞭毛をもつ特徴ある原虫」を証明

(感度が低いため、3回繰り返す)

 

治療

・多くは自然治癒する

・メトロニダゾール250㎎ 1日3回 5~7日間

感染
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました