スポンサーリンク

ネコひっかき病(cat scratch disease:CSD)

疾患

・ネコの唾液中に含まれる細胞内寄生・グラム陰性桿菌である「Bartonella henselae」「Bartonella clarridgeiae」を原因菌とする感染症である。

・引っ掻き傷や咬症部から感染し、感染部位には水疱や膿疱を形成し、感染部位に近いリンパ節の腫脹、発熱をきたす

・唾液中に含まれているため、舐められただけでも感染リスクがある

・潜伏期間約2週間

・猫間の感染はネコノミを介して行われ、夏の間に飼い猫に感染し、冬季に飼い主に感染が広がるケースが多い

 

症状

・リンパ節腫脹(94%)、発熱(55%)が多い

・リンパ節腫脹は感染部位に近いリンパ節の腫脹を認める。

・片側性有痛性リンパ節腫脹となる

・手から感染することが多いため腋窩(30%)が最多で、その他頚部(22%)、鼠径(19%)

・その他倦怠感、食欲低下、筋痛、関節痛など。高齢者では脳炎や心膜炎など

 

 

診断

・培養は難しく時間も要する

・リンパ節の組織生検

・血清抗体診断(急性感染256倍以上、慢性感染800倍以上)

 

・抗菌薬投与がなくとも、数週~1,2か月程度で自然軽快する

・リンパ節腫脹は2~4か月続くこともある

・抗菌薬:アジスロマイシン5日間(初日500㎎、250㎎×4日)

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

コメント

タイトルとURLをコピーしました