スポンサーリンク

妊婦、授乳婦への検査、処方

妊娠中の画像検査

・放射線を使用する画像検査は「妊娠4~10週」では注意が必要

・日本産婦人科学会は「50mGy未満の被曝量で奇形発生率を上昇させない」と説明している

産婦人科診療ガイドライン―産科編  2020日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会

腹部単純X線:1.4mGy

骨盤単純CT:25mGy

臨床的に必要であれば、妊娠中でもこれらの検査は実施可能

 

妊娠中の薬

・「妊娠4~7週未」の器官形成期に注意が必要

・ワルファリン、バルプロ酸ナトリウム、ARB/ACE阻害薬、NSAIDs、テトラサイクリン系抗菌薬は避けること

 

授乳中の薬

・注意が必要な薬は「抗てんかん薬」「抗うつ薬」「炭酸リチウム」「抗不安薬」「オピオイド」「無機ヨウ素」の6タイプ

 

参考サイト

日本産婦人科学会「産婦人科診療ガイドライン産科編2020」

 

国立成育医療研究センタ「妊娠と薬情報センター」

 

 

 

総合診療 2021年 3月号

特集 ライフステージでみる 女性診療 at a glance! よくあるプロブレムを網羅しピンポイントで答えます

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました