スポンサーリンク

巨大結腸症

概要

・結腸(大腸)の神経の異常や何らかの炎症性疾患などの病気が原因となって、結腸の蠕動運動が正常に行われず、腸が大きく膨らむ病気のことです。

 

原因

 

先天性巨大結腸症

・先天性巨大結腸症はヒルシュスプルング病ともいう

・RET遺伝子の機能が喪失しているために、結腸の蠕動運動に必要な神経細胞が欠損した状態であることが原因であると考えられている。

・神経細胞が欠損した部分では結腸は極端に細くなり、それより口側の結腸が巨大化します。

 

後天性巨大結腸症

・何らかの病気が原因となって発症する「症候性巨大結腸症」と、原因不明の「特発性巨大結腸症」に分けられます。

症候性巨大結腸症

幼児期では心因性のものが多いです。成人では、原因となる病気として、

心臓病
筋肉や神経の病気
膠原病
代謝異常
感染症
外傷
向精神薬の長期投与

中毒性:潰瘍性大腸炎や感染症、結腸のバリウム検査や内視鏡検査などの医療的な操作により中毒性巨大結腸症が引き起こされることがあります。

 

特発性巨大結腸症

原因は不明とされています。結腸の蠕動運動が障害されるような原因がなく、結腸の神経細胞も正常なケースでは特発性と診断されます。

 

消化器
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました