スポンサーリンク

急性間質性腎炎

疾患

・尿細管と間質の原発性損傷であり,腎機能低下をもたらす。

・急性腎障害の原因の6~30%を占める

・原因は薬剤性が70%、自己免疫性が20%、感染性が4%。特に65歳以上の高齢者では薬剤性の割合が高い

・薬剤自体や免疫複合体の沈着が原因とされる

・慢性型は,多種多様な原因により発生し,これには遺伝性または代謝性疾患,閉塞性尿路疾患,環境毒素または特定の薬物およびハーブへの慢性的な曝露が挙げられる。

・診断は病歴と尿検査によって示唆され,しばしば生検によって確定される。治療と予後は,病因および診断時の疾患の可逆性の可能性によって様々である。

 

症状

3徴(発熱、皮疹、末梢血好酸球増加):

・実際に3徴を呈するのは10%程度

 

原因薬剤

・「βラクタム系抗菌薬」「キノロン系抗菌薬」「NSAIDs」「PPI」が多い

 

検査所見

・腎機能悪化(急激なCr上昇)

・尿細管障害(尿円柱、変形赤血球陰性)

 

治療

・原因薬剤の中止

・ステロイド

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

腎臓
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました