スポンサーリンク

皮膚悪性腫瘍

基底細胞癌

・皮膚癌中、最多

・全体の7割以上が頭頚部に発生する

・発症のピークは70歳代、男女差はない

・ダーモスコピーで樹枝状血管、葉状領域、車軸状領域、青灰色小球などが観察される

・多くは黒色斑を伴う

・転移は非常に稀

 

有棘細胞癌

・2番目に多い

・半数以上が頭頚部に発生

・発症のピークは80歳代、若干男性に多い

・紅色調の結節、腫瘤

・発生母地として、日光角化症、熱傷瘢痕、慢性放射線皮膚炎、色素性乾皮症など

・転移部位としてはリンパ節が多い

 

皮膚科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました