スポンサーリンク

眼表面異物、角膜化学熱傷

1.病歴の確認

・何をしている時か

・何が入ったのか

 

2.視力の確認→低下があれば眼科コンサルト

指数弁

手動弁

光覚弁

 

3.何が眼に入ったのか確認

・化学物質(酸、アルカリ)→眼化学外傷として眼科医コンサルト

・成分、pHをネットで確認

 

4.眼表面pHの確認

・尿試験紙のpHの部分やリトマス紙を使用(正常6.5~7.5)

・眼球結膜(白目)に当ててチェック

・左右差を見る

 

眼科医コンサルト適応

① 視力低下

または

② 眼科学外傷

 

5.洗浄

1.眼表面麻酔

・ベノキシール®(15秒で効いて15分間持続)

・処置途中で効果が弱まったらその都度点眼追加

 

2・生食洗浄

・生食500のボトルに点滴セットをつなぎ、滴下しながら洗浄

・患者に眼球を上下左右に動かしてもらいながら満遍なく洗浄

・化学外傷(アルカリ角膜化学熱傷)では1000~4000mL必要

・500~1000mL洗浄ごとに試験紙でpHチェック(<7.5になるまで)

 

 

 

 

救急外来ドリル〜熱血指導! 「ニガテ症候」を解決するエキスパートの思考回路を身につける

眼科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました