スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群

症状

・起床時の頭痛

・治療抵抗性高血圧症

・脳卒中、心筋梗塞のリスクとなる

 

検査

無呼吸低呼吸指数(apnea-hypopnea index :AHI)

5以上でSASと診断

無呼吸:少なくとも10秒以上の呼吸停止状態

低呼吸:気流が半分以上低下し、SpO2が4%以上低下するか、あるいは睡眠から覚醒すること

 

・5~14:軽症

・15~29:中等症

・30以上:重症

 

簡易モニター

・偽陰性が多い

 

ポリソムノグラフィー

 

 

 

呼吸器
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました