スポンサーリンク

血小板輸血

適応

1)血小板数1万/μL未満(自然出血のリスクがあるため)

2)5万/μL未満で出血傾向がある場合、または侵襲的処置を行う予定がある場合

 

血小板製剤

・血小板製剤 1パック=10万単位

・目安として、6単位で0.3~0.6万/μL上昇

 

 

 

 

救急血液
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました