スポンサーリンク

高血圧(測定法、定義、治療目標)ー高血圧治療ガイドライン2019準拠

参考:「高血圧治療ガイドライン2019」(日本高血圧学会:2019年発行)

 

血圧測定法

 

1.装置

・精度検定された水銀血圧計,アネロイド血圧計による聴診法が用いられる。精度検定された電子血圧計も使用可。
・カフ内ゴム嚢の幅13cm,長さ22-24cmのカフを用いる。
[小児上腕周27cm未満では小児用カフ,太い腕(腕周34cm以上)で成人用大型カフを使用]

 

2.測定時の条件

・静かで適当な室温の環境。
・背もたれつきの椅子に足を組まずに座って数分の安静後
・会話をかわさない。
・測定前に喫煙,飲酒,カフェインの摂取を行わない。

 

3.測定法

カフ位置は,心臓の高さに維持。
・急速にカフを加圧する。
・カフ排気速度は2-3mmHg/拍あるいは秒。
・聴診法ではコロトコフ第I相を収縮期血圧,第V相を拡張期血圧とする。

 

4.測定回数

1-2分の間隔をあけて少なくとも2回測定。この2回の測定値が大きく異なっている場合には,追加測定を行う。

 

5.判定

・安定した値(目安として測定値の差がおよそ5mmHg未満の近似した値をいう)を示した2回の平均値を血圧値とする。
高血圧の診断は少なくとも2回以上の異なる機会における血圧値に基づいて行う

 

 

家庭血圧測定法

・家庭血圧測定には,ある個体で聴診法との較差が5mmHg以内であることが確認された上腕カフ・オシロメトリック装置を用いる。

朝は起床後1時間以内,排尿後,座位1-2分の安静後,降圧薬服用前,朝食前。

晩は就床前,座位1-2分の安静後に測定することが推奨されている。

家庭血圧は朝晩1機会にそれぞれ1回の測定でも,長期間測定することで十分な臨床的価値が保たれる(通常,患者は1機会に複数回測定することが多い)

・日本高血圧学会の指針においては,共通の臨床評価には「1機会の第1回目の測定値の朝晩それぞれ長期間の平均値を用いる」としている

・したがって,家庭血圧による高血圧,正常血圧の判定には1機会第1回目の測定値の朝晩それぞれの測定値7日間(少なくとも5日間)の平均値を用いることを基本とする。

・指用、手首血圧計は使用が容易であるが不正確になることが多く,現状では家庭血圧測定には,上腕用を使用する。

 

診断基準

 

正常血圧:

診察室<120/(かつ)80mmHg

家庭<115/(かつ)75mmHg

 

高血圧基準:

診察室≧140/(かつ、または)90mmHg

家庭≧135/(かつ、または)85mmHg

 

https://www.jpnsh.jp/data/jsh2019/JSH2019_noprint.pdfより引用

 

降圧目標

 

① 診察室<130/80、家庭<125/75mmHg

・75歳未満の成人

・脳血管障害(両側頚動脈狭窄、脳主幹動脈閉塞なし)

・冠動脈疾患

・CKD(尿蛋白陽性)

・糖尿病

・抗血栓薬内服中

 

② 診察室<140/90、家庭<135/85mmHg

・75歳以上

・脳血管疾患(両側頚動脈狭窄、脳主幹動脈閉塞あり、未評価)

・CKD(尿蛋白陰性)

 

参照(このサイトより引用):https://pro.boehringer-ingelheim.com/jp/product/micardis/prevent-cardiovascular-disease-blood-pressure-control

 

降圧目標

 

 

 

降圧剤の選択

 

 

 

高血圧を伴うCKD患者に推奨される降圧薬

 

・CKDを合併する高血圧患者は、尿蛋白の有無によって推奨される降圧薬が変わる。

「尿蛋白を有するCKD」では、RA系阻害薬が他の薬剤より有意に腎不全の進行を抑制する。

「尿蛋白を有さないCKD」では、RA系阻害薬と他の薬剤の間に有意な差が見られない

・「糖尿病非合併CKD(尿蛋白あり)」での降圧療法の第一選択薬はRA系阻害薬を推奨する(CQ10-1)

「糖尿病非合併CKD(尿蛋白なし)」での降圧療法では、通常の第一選択薬(RA系阻害薬、Ca拮抗薬、サイアザイド系利尿薬)のいずれかを推奨する(CQ10-2)

 

CKDステージG4(高度低下:eGFR15~29)、G5(末期腎不全;eGFR<15)においても、ACE阻害薬もしくはARBが推奨薬ではあるが,同薬剤投与による腎機能低下や高K血症に十分留意し,これら出現時の速やかな減量・中止,またはCa拮抗薬への変更を提案する。

・サイアザイド系利尿薬はCKDステージG4,5では効果が減弱する。体液貯留を伴ったCKDにループ利尿薬は有効であるが,やはり腎機能低下や低K血症への十分な注意が必要である.

 

・A2(軽度蛋白尿),A3(高度蛋白尿)区分では,ACE阻害薬もしくはARBで降圧不十分な場合の第二選択薬(併用薬)として,Ca拮抗薬または利尿薬を追加する

・DM非合併CKDのA1区分では,ACE阻害薬,ARB,Ca拮抗薬,サイアザイド系利尿薬の2剤または3剤の組み合わせを考慮する。

・ただし,RA系阻害薬どうしの、およびRA系阻害薬と利尿薬の併用療法には細心の注意が必要である。

75歳以上の高齢CKD患者の降圧薬選択に関するエビデンスは少ないが,脱水や虚血に対する脆弱性を考慮し,CKDステージG4,5ではCa拮抗薬を推奨する.

 

 

参照:エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降圧薬(処方例)

 

ACE阻害薬

・エナラプリル(レニベース®)(5mg ) 1回0.5~2錠、1日1回

・タナトリル(5㎎) 1回0.5~2錠 1日1回

 

ARB

・オルメテックOD(10㎎) 1回0.5~4錠 1日1回

・アジルサルタン(アジルバ®)(20㎎) 1回0.5~2錠 1日1回

・テルミサルタン(ミカルディス®)(40㎎) 1回0.5~2錠 1日1回

 

長時間作用型Ca拮抗薬

・アムロジピンOD(5㎎) 1回0.5~2錠 1日1回

・アダラートCR(20mg ) 1回0.5~2錠 1日1回

・シルニジピン(アテレック®)(10㎎) 1回0.5~2錠 1日1回

 

サイアザイド系利尿薬

・ヒドロクロロチアジド(12.5㎎) 1回0.5~1錠 1日1回

・トリクロルメチアジド(フルイトラン®)(1㎎) 1回0.5~1錠 1日1回

 

ループ利尿薬

・ラシックス(20㎎)1回1~4錠 1日1回(連日または隔日)

・アゾセミド(ダイアート®)(30㎎) 1回1~2錠 1日1回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献総合診療 2019年 9月号 特集 “ヤブ化”を防ぐ!「外来診療」基本のき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました