スポンサーリンク

特定健康診査・特定保健指導、がん検診

特定健康診査とは?

・40歳〜74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度。一般には『メタボ健診』といわれている。

・医療費の高騰の原因の一つとされる、糖尿病などの生活習慣病の医療費抑制が目的。

・なお、75歳以上の後期高齢者医療制度加入者は、後期高齢者医療広域連合からの委託にもとづき、国民健康保険の実施する特定健康診査と同様の健診が受診できる。

 

【検査内容】
問診:既往歴の調査(服薬歴及び喫煙習慣の状況に係る調査を含む。)
自覚症状及び他覚症状の有無の検査
身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
身体診察
血圧測定
血液生化学検査
・脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロールまたはNon-HDLコレステロール・総コレステロール)
・肝機能検査(AST・ALT・γーGT)
・血糖検査(HbA1c・空腹時又は随時血糖)
・腎機能検査(クレアチニン、eGFR)
・血清尿酸
・血清総蛋白
尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)
【基準に該当し医師が必要と認めたものに対し選択して実施する項目】
貧血検査
心電図検査(60歳以上は、希望者は検査可能。ただし、心疾患・高血圧等で治療中の人は除く)
眼底検査

 

【特定保健指導】

・特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高い方に対して、医師や保健師や管理栄養士等が対象者一人一人の身体状況に合わせた生活習慣を見直すため特定保健指導を実施する。

・特定保健指導には、メタボリックシンドロームのリスク数に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」がある(よりリスクが高い方が積極的支援)。

 

 

ステップ 1
・腹囲 男性 85cm以上、女性 90cm以上の方・・・・・・・・・・(1)
・腹囲 男性 85cm未満、女性 90cm未満で、BMI 25以上の方・・(2)

ステップ 2
①血糖:空腹時血糖100mg/dL以上* 又はHbA1c 5.2% 又は薬の治療を行っている
②脂質:中性脂肪150mg/dL以上 又はHDLコレステロール40mg/dL未満 又は薬の治療を行っている
③高血圧:収縮期血圧130mmHg以上 又は拡張期血圧85mmHg以上 又は薬の治療を行っている
④喫煙歴あり(①から③のリスクが1つ以上の場合のみカウント)

ステップ 3
ステップ1,2から保健指導対象者をグループ分け
(1)の場合 ①~④のリスクのうち追加リスクが
      2個以上の方は   積極的支援レベル
      1個の方は     動機づけ支援レベル
      0個の方は     情報提供レベル   の対象となります。
(2)の場合 ①~④のリスクのうち追加リスクが
      3個以上の方は   積極的支援レベル
      1又は2個の方は  動機づけ支援レベル
      0個の方は     情報提供レベル   の対象となります。

ステップ 4(特定保健指導における例外的対応等)
・服薬中の方は、医療保険者による特定保健指導の対象となりません。

・前期高齢者(65歳以上75歳未満)の方は、積極的支援の対象となった場合でも動機づけ支援の対象となります。

 

<動機付け支援>
内臓脂肪型肥満Aでリスクが1つ、内臓脂肪型肥満Bでリスクが1つ~2つ
生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定し、実行に移せるようなきっかけ作りを、保健師等がお手伝いします。
【初回】個別面談またはグループ学習
 【3ヵ月後】生活習慣改善状況などを伺います(電話、手紙、FAX)
【サポート方法】
20分以上の面談で生活習慣の改善についてご一緒に考えます。
3ヵ月後に生活習慣のご様子や腹囲・体重などを伺います。
<積極的支援>
内臓脂肪型肥満Aでリスクが2つ以上、内臓脂肪型肥満Bでリスクが3つ以上
生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定し、実行を続けられるように保健師等が継続的にサポートいたします。

 

【初回】個別面談またはグループ学習
【3ヵ月以上】個別に面談、電話、手紙、FAXで継続サポート
【3ヵ月以上経過】生活習慣改善状況などを伺います(電話、手紙、FAX)
【サポート方法】
20分以上の面談で生活習慣の改善についてご一緒に考えます。
その後、数回のご連絡を取り合いながら、生活習慣の改善をサポートします。
3ヵ月以上経過後に生活習慣のご様子や腹囲・体重などを伺います。

がん検診(新潟市)

新潟市では、職場で検診を受ける機会のない方を対象に各種がん検診を実施。

・肺がん(結核)検診 :集団 X線撮影 40歳以上
・喀痰検査 集団 喀痰検査:肺がん検診受診者のうち65歳以上の該当者

・胃がん検診 集団 バリウム検査: 40歳以上
・胃がん検診(バリウム検査または内視鏡検査):40歳、45歳、50歳以上。
内視鏡検査は50歳以上は偶数年齢が対象

・乳がん検診 集団 マンモグラフィ検査:40歳以上の偶数年齢の女性
(奇数年齢でも前年度未受診者は受診可)

・子宮頸がん検診 施設 細胞診検査:20歳以上の偶数年齢の女性
(奇数年齢でも前年度未受診者は受診可)

・大腸がん検診 便潜血検査 :40歳以上
・前立腺がん検診  血液検査 50歳から5歳間隔の年齢の男性
・肝炎ウイルス検査 血液検査: 検査を希望する人で、過去に一度も検査を受けたことがない人
・ピロリ菌検査 血液検査:40・56歳。新潟市特定健診または新潟市胃がん検診(胃内視鏡検査)と同時実施

コメント

タイトルとURLをコピーしました