スポンサーリンク

熱中症

スポンサーリンク

参考サイト・ガイドライン

環境省熱中症予防対策サイト

熱中症診療ガイドライン2015(日本救急医学会)

 

スポンサーリンク

熱中症(heat-related illness)

・暑熱の環境で身体が適応できなくなった状態の総称を熱中症という。

・熱中症はその重症度や病型から、「熱射病(heat stroke)」「熱疲労(heat exhaustion)」「熱痙攣(heat cramp)」に分類される

 

 

スポンサーリンク

日本救急医学会熱中症分類(2015年)

Ⅰ:現場で対応可能

・「筋痙攣」に相当

・意識障害なし

・経口補水やNa、Kなどの補給を心掛ける

 

Ⅱ度:医療機関での診察、治療が必要

・「熱疲労」に相当

・脱水(大量発汗、頻脈)

・疲労感、めまい、頭痛、嘔気をともなう

・輸液が必要

 

Ⅲ度:入院加療(場合によっては集中治療)が必要

・「熱射病」に相当

・中枢神経症状(意識障害)を伴う

・痙攣、意識障害

・高体温(40℃以上)

・肝腎機能障害

・DIC

 

 

治療

1)非重症例への対応

・脱衣

・空調24~26℃

・対外冷却

蒸散冷却:スプレーや濡れタオルで体を湿らせ、扇風機で蒸散

局所冷却:氷枕や氷嚢を頚部や腋窩に当てる

・水分摂取

飲水が可能なら経口補水液

塩辛くて飲めない場合は水、お茶、スポーツドリンクでも可

経口摂取困難、できても症状が改善しない場合は細胞外液500~1000ml補液

(脱水が高度の場合は2000mL程度の場合も)

水分摂取の終了の目安は自覚症状の消失と排尿

・2時間程度の休憩

 

2)重症例への対応

・ABCの安定

必要に応じて気管挿管、人工呼吸器管理、大量補液、カテコラミン投与など

・労作性熱中症にはアイスプール(cold water immersion)

・非労作性熱中症には蒸散冷却、氷嚢、水冷却ブランケットなど

 

ミオグロビン尿を疑う場合(急性腎不全予防)

・筋酵素は受診日より翌日の方が高値

(受診日が低値でも油断できない。翌日の再検査が必要)

・補液

最初の1時間は1~2L/時、その後300mL/時

2~3mL/kg/時の尿量維持目標

ラシックスは過剰輸液時に使用可だが、エビデンスは希薄

 

熱中症予防

参考:

熱中症を防ごう(日本スポーツ協会)

職場における熱中症予防対策マニュアル(厚労省)

 

作業を中止すべき健康状態の指標

・口渇、口腔内の乾燥感

・尿量の減少

・体温上昇

心拍数の増加

 

WBGT値(Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)

・熱中症の危険度を判断する数値。「暑さ指数」とも呼ばれる

・暑熱環境による熱ストレスの評価指数

・人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい

「湿度」「 輻射熱」「気温」の3つを取り入れた熱中症予防のための暑さの指標

・単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されるが、その値は気温とは異なる。

 

解説

・熱中症とは、体内での熱の産出と熱の放散のバランスが崩れて、体温が著しく上昇した状態であるが、体への熱の出入りに関係する気象条件としては「気温」「湿度」「輻射熱(太陽からの日射・地表面での反射・建物からの輻射)」「気流」の4つが挙げられる。

・「気温が高い」「湿度が高い」「輻射熱が強い」「風が弱い」という条件は、いずれも体からの熱放散を妨げる方向に作用するため、熱中症の発生リスクを増加させる

・そのため、熱中症予防のための指標として、気温、湿度、気流、日射・輻射の気象条件を組み合わせた指標として、「暑さ指数(Wet Bulb Globe Temperature:WBGT)」の使用が推奨されている

・暑さ指数(WBGT)が28℃(厳重警戒)を超えると熱中症患者が著しく増加する

・WBGTは「乾球温度計」「湿球温度計」「黒球温度計」による計測値を使って計算される。

 

湿球温度(NWB:Natural Wet Bulb temperature)

・水で湿らせたガーゼを温度計の球部に巻いて観測。

・温度計の表面にある水分が蒸発した時の冷却熱と平衡した時の温度で、空気が乾いたときほど、気温(乾球温度)との差が大きくなり、皮膚の汗が蒸発する時に感じる涼しさ度合いを表す。

 

乾球温度(NDB:Natural Dry Bulb temperature)

・通常の温度計を用いて、そのまま気温を観測。

 

黒球温度(GT:Globe Temperature)

・黒色に塗装された薄い銅板の球(中は空洞、直径約15cm)の中心に温度計を入れて観測。

・黒球の表面はほとんど反射しない(熱を吸収する)塗料が塗られている。

輻射熱を測定する温度計。

・黒球温度は、直射日光にさらされた状態での球の中の平衡温度を観測しており、弱風時に日なたにおける体感温度と良い相関がある。

 

暑さ指数(WBGT)の算出式

屋内での算出式

WBGT(℃) =0.7 × 湿球温度 + 0.3 × 黒球温度

※ WBGT、黒球温度、湿球温度、乾球温度の単位は、摂氏度(℃)

 

屋外での算出式

WBGT(℃) =0.7 × 湿球温度 + 0.2 × 黒球温度 + 0.1 × 乾球温度

※ 屋外は気温の影響も受けるため、屋内におけるWBGT値計算式にはなかった乾球温度を計算式に用いる

 

 

WBGT値による暑熱許容基準値

・身体作業強度別、暑熱順化の有無により、「身体作業強度等に応じた WBGT 基準値」の 10 通りの WBGT 値による暑熱許容基準値を提示している

・「身体作業強度等に応じた WBGT 基準値」に示した WBGT 基準値は、健康な労働(作業)者を基準に、それ以下の暑熱環境にばく露されてもほとんどの者が熱中症を発症する危険のないレベルに相当するものとして設定されています。

 

熱中症予防運動指標

・JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)によるWBGTに対応する熱中症予防のための行動指針

・WBGT 31℃以上は「運動は原則禁止」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました