スポンサーリンク

Coombs試験

赤血球表面に結合しうる抗赤血球抗体の有無を調べる試験。
溶血が疑われる場合(網状赤血球増加、間接ビリルビン高値、LDHの上昇、ハプトグロビンの低下)時に、まずはじめに行う。
直接クームス試験
赤血球表面に結合している抗体あるいは補体を検出する
間接クームス試験
血清中の抗赤血球抗体を検出する。

 

抗赤血球抗体には自己抗体と同種抗体があり、いずれもCoombs陽性の溶血性貧血を起こす可能性がある。

自己抗体が原因となるのが自己免疫性溶血性貧血であり、同種抗体が原因となるのが、母児血液型不適合による溶血性貧血や、血液型不適合輸血による溶血である。

間接クームス試験のみ陽性になるのは、小児では輸血により同種免疫抗体を産生した場合、もしくは血液製剤により抗体が入った場合である。

 

赤血球の溶血または凝集の原因として、通常の生理食塩水中で凝集能力を持つ抗体(完全抗体)の他に、生理食塩水中では凝集能力を持たない抗体(不完全抗体)の両者がある。

 

診察・検査血液
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました