スポンサーリンク

脳神経系解剖

脳血管支配領域

参照(このサイトより引用):http://fanblogs.jp/mtshchz/archive/112/0

 

 

 

参照(このサイトより引用):https://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp/archives/19624

・尾状核→内側線条体動脈(ACAからの穿通動脈)

・内包前脚、大脳基底核→外側線条体動脈(MCAから分岐する穿通動脈)

・内包後脚→前脈絡叢動脈(内頚動脈からの穿通動脈)

・視床→後大脳動脈

・海馬→後大脳動脈

 

参照(このサイトより引用):https://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp/archives/25785

 

 

 

参照(このサイトより引用):http://oikomarenaika.seesaa.net/article/397418562.html

・小脳は上小脳動脈(SCA)、前下小脳動脈(AICA)、後下小脳動脈(PICA)支配

 

 

 

 

脳室(第3脳室、中脳水道、第4脳室)

脳室の孔

・モンロー孔(室間孔):側脳室と第3脳室を結ぶ孔

・ルシュカ孔(第4脳室外側口):左右に広がった第4脳室の左右端付近で、第4脳室が脳の外側につながっている孔

・マジェンディ孔(第4脳室正中口):第4脳室からくも膜下腔に通る正中の孔

 

参照(このサイトより引用):https://visual-anatomy-data.net/comment/sa/so-lateral-ventricles.html

 

 

クモ膜下腔(迂回槽、脚間槽、四丘体槽)

 

 

参照(このサイトより引用):https://pkun.hatenablog.com/entry/2020/08/23/210000

 

 

中脳

ミッキーマウス形→「ねずみチューチュー中脳」

中脳被蓋

・中脳水道から脚間窩までの部位。

・進行性核上性麻痺で萎縮する部位

参照(このサイトより引用):https://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp/archives/6585

 

赤核

・中脳被蓋部腹側,動眼神経核の側方に位置する 赤色の核

・中脳被蓋部において大きな部分を占める核

・赤核から交差し脊髄を下降する赤核脊髄路は四肢遠位筋の屈筋促進に関わる

 

参照(このサイトより引用):https://shiratorik-kango.blog.ss-blog.jp/2013-03-29-1

 

 

大脳基底核

参照(このサイトより引用):https://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp/archives/19624

 

レンズ核

レンズ核(lentiform nucleus または lenticular nucleus)は、大脳基底核のうち「被殻」と「淡蒼球」の2つを指す脳の領域の名称。 レンズ核は円錐形の灰白質であり、内包の外側に位置する。

 

線条体

被殻+尾状核

 

 

<内包後脚>
前方から顔→上肢→下肢→感覚

参照(このサイトより引用):https://reha-idea.com/corticospinal-tract/

 

 

 

錐体外路

・錐体路および小脳路以外の運動調節に関わる経路を総合した名称

構成部位

・線条体=被殻(→多系統萎縮症)+尾状核(→HUntington病)

・淡蒼球(被殻の内側)

・視床下核(→進行性核上性麻痺、ヘミバリスム)

・中脳黒質(→パーキンソン病)

・赤核

伝導路

・赤核脊髄路:四肢遠位筋の屈筋促進に関わる

・オリーブ脊髄路:前角の運動ニューロンにおいて骨格筋活動を調節

・網様体脊髄路:姿勢制御や平衡を担う

・前庭脊髄路:姿勢制御や平衡を担う

・視蓋延髄路:視覚刺激に応じて眼球や頭部の運動を調整する

 

※橋底部:橋腹方の著しく膨出した部位
※橋被蓋:橋背側部

参照(このサイトより引用):http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/anatomy/anatomy16b-1-2.html

 

 

錐体路の同定

・中心溝の同定→逆Ωサイン

Ωの出っ張った部分が手の支配領域
支配領域は頭頂部から下肢→上肢→顔面の順で並ぶ
・下肢領域は前大脳動脈支配、上肢領域は中大脳動脈支配

参照(このサイトより引用):https://forphysicaltherapist.com/post-1315/

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました