スポンサーリンク

HBV感染症(肝炎ウイルスマーカー)

スポンサーリンク

HBVの特徴

・DNAウイルス(↔HCVはRNAウイルス)

 

 

スポンサーリンク

B型肝炎ウイルスの感染経路

主に血液等の水平感染、性行為感染

その他:

・家庭内感染

・透析

・刺青

・鍼治療

 

スポンサーリンク

HBVマーカー

HBs抗原:現在HBVに感染

HBs抗体:既感染治癒、またはワクチン接種

 

HBe抗原:ウイルス複製活発(活動性、感染力が強い)

HBe抗体:非活動性肝炎、キャリア(活動性が低い)

 

HBc抗体(c:core;HBV核):HBVに感染しており高力価、HBV感染の既往がある(多くはHBs抗体も陽性)、またはキャリア(HBs抗原陽性)

 

HBV DNA:HBV量や活動性を反映

 

B型肝炎ウイルス検診

HBs抗原検査

陽性なら、HBe抗原、HBe抗体検査

HBe抗原陽性、HBe抗体陰性

HBV-DNA検査

 

免疫抑制状態での検査

HBs抗原陰性でHBc抗体陽性の場合は、HBs抗体の有無にかかわらずHBV既往感染であることを示し、体内にHBVが潜伏感染していることが最近の研究で明らかになりました。健常者では臨床上全く問題は生じませんが、何らかの要因により免疫能が低下するとHBVが再増殖し、B型肝炎が再燃することがあるので注意が喚起されています。したがって、免疫抑制剤や抗がん剤などの使用に際しては

HBs抗原、HBs抗体とともにHBc抗体を測定することが推奨されています。

無症候性キャリア

・無症候性キャリアのうち慢性肝炎に移行するのは10%以下

劇症化

・持続感染者では時に急性増悪を呈し劇症化する

de novo B型肝炎

・治療に伴うB型肝炎ウイルスの再活性化(reacvtivation)によって発生した肝障害のこと

・時に劇症肝炎へ伸展する危険性がある

・化学療法や免疫療法に伴ってB型肝炎ウイルスの再活性化が懸念される時には「核酸アナログ製剤」を治療前に開始することが推奨されている

 

遺伝子変異株

・B型肝炎ウイルスは遺伝子変異がしばしばみられ、Genotype A、B、C、D、E、F、G、H等がみられる

 

治療

核酸アナログ製剤

・HBVの複製に必要なDNAポリメラーゼを阻害し、HBVの増殖を抑える抗ウイルス作用をあらわす。

・本剤は核酸の構成成分に類似した構造などを有することから「アナログ=類似の」という意味をもつ言葉を用いて核酸アナログ製剤と呼ばれる。

・肝炎の活動性や線維化予防作用

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました