スポンサーリンク

尿検査所見

尿比重

1.009~1.025

 

尿浸透圧

50∼1300 mOsm/kg H2O

 

尿糖

食後血糖が170㎎/dL以上になると陽性になる。

 

尿蛋白定量

・腎障害診断のための尿蛋白定量では、1日蓄尿による測定が望ましい。
・しかし蓄尿が無理な場合には尿蛋白濃度(mg/dL)、尿クレアチニン濃度(mg/dL)から
尿蛋白/クレアチニン比(g/gCr)を算出。
→これは、1 日尿蛋白量(g/day)に相当する。
(女性や高齢者では1日クレアチニン排泄量を1gと仮定すると、尿蛋白を過大評価してしまう可能性あり)

0.15未満:正常
0.15~0.49:軽度蛋白尿
0.50以上:高度蛋白尿

<g/Crの式の根拠>
尿蛋白量(mg/日)=尿蛋白濃度(mg/dl)×尿量(dl/日)
尿Cr排泄量(mg/日)=尿Cr濃度(mg/dl)×尿量(dl/日)
よって、
尿蛋白量(mg/日)/尿Cr排泄量(mg/日)=尿蛋白濃度/尿Cr濃度
よって、
尿蛋白量(mg/日)=尿蛋白濃度/尿Cr濃度×尿Cr排泄量(mg/日)


ここで尿Cr排泄量(mg/日)≒1,000mg/日=1g/日と仮定すると,
尿蛋白量(g/日)≒尿蛋白濃度/尿Cr濃度

注意すべき点は,1日の尿Cr排泄量が1gより大幅に多かったり,少なかったりすると,実際の値とずれる場合がある(小柄な人の場合、尿蛋白量を課題評価してしまう)

 

尿ウロビリノゲン(基準値  ±)

・寿命を迎えた赤血球が破壊され、中に含まれていたヘモグロビンがビリルビンへと代謝され、ビリルビンへと代謝され、胆道系を経て腸管に排泄される。

・ビリルビンは腸内細菌によってウロビリノーゲンとなり、多くは便に混じって体外へ排出されるが、一部が腸管より再吸収された後、肝臓に戻りまたビリルビンになる。

・再吸収されたうち、ビリルビンにならなかったものが尿中に排泄される。

・健常人でも尿中に微量のウロビリノーゲンが検出される(±)

・肝炎などで肝臓の働きが悪くなると、ビリルビンに再合成できないため、尿に排泄されるウロビリノーゲンの量が多くなる

・ウロビリノーゲンが検出されない場合は、胆道閉塞などが疑われる。

・溶血性黄疸では腸に入るビリルビンは増え尿中ウロビリノーゲンは増加する。

しかし間接ビリルビンは腎を通過できず尿中ビリルビンは増えない。

 

尿蛋白定性

 

 

 

尿円柱

・赤血球円柱:糸球体由来

・顆粒円柱:尿細管障害

・硝子円柱:尿蛋白

・ろう様円柱:高度の腎機能障害

 

 

亜硝酸塩

・感度は低い
・陽性になるには尿貯留時間が4時間以上必要
・連鎖球菌、腸球菌は硝酸塩を亜硝酸塩に還元できず陰性になる

 

尿中ヘモジデリン

→陽性ならなら血管内溶血(PNH、G6PD異常症、赤血球破砕症候群など)
血管内溶血が起こると放出されたヘモグロビンは血中のハプトグロビンと結合し、網内系で処理される。ハプトグロビンの結合能を上回るとヘモグロビンは糸球体から濾過される。溶血の程度が弱いとヘモグロビンは近位尿細管で再吸収され、尿細管上皮細胞内で変化してヘモジデリンとなる。尿中にヘモジデリン顆粒やヘモジデリン顆粒を含有した尿細管上皮細胞が認められる。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました