スポンサーリンク

老年症候群、フレイル、ロコモ、サルコペニア・・・?

・フレイルという言葉は、日本老年医学会の考案した老年症候群の呼称で、英語で老衰や虚弱を意味するFrailty(フレイルティ)をもとにつくられた。
・診断基準は、「体重減少」「歩行速度低下」「握力(筋力)低下」「易疲労」「身体活動レベル低下」の5項目中3項目以上に該当した場合をフレイルと診断、1~2項目の場合はプレ・フレイルと定義する。
・「機能障害の前段階」「要介護状態の前段階」と位置付けられる。

サルコぺニア

・1989年にローゼンベルグという学者によって「加齢による筋肉量減少」を意味する用語として提唱された。

・サルコぺニアは造語であり、ギリシャ語でサルコ(sarco)は「筋肉」、ぺニア(penia)は「減少」を意味する。

・スクリーニング「指輪っかテスト」

椅子に座って膝関節90°屈曲、非利き脚の下腿(ふくらはぎ)の最大径を輪っかにした指で囲む→「ちょうど囲める」からサルコペニアの危険性が高まる。

・サルコペニアの発症予防・抑制のため、「運動習慣」「タンパク質摂取1g/適正体重/日以上」の摂取が推奨される。

 

ロコモティブシンドローム

・日本整形外科学会が2007年に提唱した概念。

・関節や骨などの運動器の障害により、要介護になるリスクの高い状態になることをいう。

ロコモ度テスト

・ロコモティブシンドロームの重症度判定テスト。

・ロコモ度テストの結果から「ロコモ度1」または、「ロコモ度2」を判定する。

・「立ち上がりテスト」、「2ステップテスト」、「ロコモ25」の3つのテストから移動機能の状態を確認する

項目

・「立ち上がりテスト」
下肢の筋力を調べるテスト。両脚、または片脚で10~40cmの台から立ち上がられるかをテストする。

・「2ステップテスト」

歩幅を測定して、下肢の筋力やバランス能力、柔軟性などを含めた歩行能力を総合的に評価する

・「ロコモ25」
1か月間に身体の痛みや日常生活で困難なことがあったかを25項目の質問でチェックし5段階で答える

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました