スポンサーリンク

Renin-Angiotensin-Aldosterone System;RAAS)

全身の血圧が低下して腎血流が減少すると、腎臓の輸入細動脈の壁にある傍糸球体細胞からレニンが分泌され、肝臓から分泌されるアンジオテンシノーゲンからアンジオテンシンIという物質をつくります。

アンジオテンシンIは、肺血管内皮細胞から分泌されるアンジオテンシン変換酵素(ACE)によりアンジオテンシンIIに変換されます。

アンジオテンシンIIは全身の動脈を収縮させるとともに、副腎皮質からアルドステロンを分泌させます。

アルドステロンは遠位尿細管におけるナトリウムの再吸収を亢進させ、Naを体内に溜める働きがあり、これにより循環血液量が増加して心拍出量と末梢血管抵抗が増加します。

さらに浸透圧を一定にする必要性から、脳下垂体後葉からバソプレッシン(ADHまたは抗利尿ホルモンともいう)が分泌され、血管を収縮するとともに腎臓の集合管に作用して水分の再吸収を促進する。

その結果血圧が上昇し、ネガティブフィードバックによりレニン分泌を抑制する。

e0223539_1839214

腎臓内分泌・代謝
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました