スポンサーリンク

化膿性脊椎炎(椎間板炎?椎体炎?)

脊椎炎? 椎間板炎? 椎体炎?

・「整形外科学用語集」(日本整形外科学会編)に「椎間板炎」「椎体炎」なる用語はない。

「化膿性脊椎炎(pyogenic spondylitis)」はある。

(→脊椎の感染症が「椎体前辺縁の終末動脈で増殖」→「椎間板内穿破」→「椎間板破壊」の順番ですすむため、「椎間板炎」は「脊椎炎」に包含される??)

画像所見

・X線写真とCTでは、病初期の変化を捉えることは困難。MRIが有用。

・MRI T1で低信号、T2強調画像で高信号、椎間板とその周囲の椎体の破壊を認める

起炎菌

・ブドウ球菌、連鎖球菌、腸内細菌(大腸菌)

 

治療

・骨髄は抗菌薬移行が不良のため、4~6週間の治療が必要

・MRSAでは約12週間の長期治療が必要

 

※ 内服薬に切り替えるタイミング:「COMS」

C:clinical improvement observed(臨床症状の改善がみられる)
O:oral route is not compromised

経口投与が続けられる。嘔吐、重度の下痢症、腸管の 吸収障害、嚥下障害がない

M:markers showing a trend towards normal(臨床的な指標が正常値に向かう)

少なくとも24時間発熱がなく、バイタルサインの異常(脈拍>90回/分、呼吸数>20回/分、血圧不不安定)、好中球減少を含めた白血球の異常がない(異常値であれば改善傾向にある)

S:specific indication/deep-seated infection(特定の感染症でない)

S.aureus菌血症、髄膜炎、感染性心内膜炎など

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました