スポンサーリンク

CcrとeGFRの違い、計算式

eGFR(mL/min/1.73 ㎡)が標準体形に補正してある意義

・1.73m2とは、標準的な体型(170cm、63kg)における体表面積。

・小柄な体格の方は体格なりの小さな GFR で十分なのに、体表面積補正をすると、腎機能を過大評価してしまう。

・体表面積未補正 eGFR(mL/min)を CKD の診断指標に用いると、小柄な体格の方は体格なりの小さな GFR で十分なのに、CKD と診断されがちになる。

男性プロ野球選手のAさん:190cm、110kg、30 歳、血清 Cr 値 1.01mg/dL
女性アイドル歌手のBさん:145cm、39kg、30 歳、血清 Cr 値 0.7mg/dL 

・A さんの eGFR 補正値は 73.1mL/min/1.73m2 であり、eGFR 未補正値は 100.4mL/min 。

・B さんの eGFR 補正値は 79.8mL/min/1.73m2であり、eGFR 未補正値は 58.0mL/min 。

 

では、B さんの eGFR 未補正値は 58.0mL/min になり、60mL/min<GFR となるため B さんは 30歳という若さでありながら CKD でしょうか?

 

答えは「否」です。B さんは小柄な大人であるため、腎機能が 60mL/min 未満であっても体格なりの機能はあり、病気とは考えられません。
ただし薬物の排泄機能は低いため、体が小さい分、腎排泄性薬物の投与量は減量する必要があります

 

ですから CKD の診断指標には 体表面積補正したeGFR 補正値(mL/min/1.73m2)を用い、
薬物投与設計にはeGFR 未補正値(mL/min)(またはCCr)を用いる必要があるのです。

 

痩せた高齢者で筋肉量が少ないため eGFR が高く推算される場合には、正確に腎機能を評価するには

実測 CCr×0.715 あるいはシスタチン C による体表面積未補正 eGFR(mL/min)を用いるとよい。

 

参照:

http://jsnp.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20120308120001-1550BE9B16BDDC6D0A7BAF4B1FC4855F19ADBDFDE50D1153A773AE15D1DA8F9F.pdf

 

CCr計算式(Cockcroft-Gault 式)

 

※ 「性別」「年齢」「血清Cr値」「体重」が必要

男性:(140 – age ) x BW(Kg) / (72 x serum creatinine(mg/dl) )

女性:0.85 x 男性の値

計算式

eGFR・CCrの計算 | 日本腎臓病薬物療法学会

eGFR計算式(体表面積補正)

※ 「性別」「年齢」「血清Cr値」が必要(体重は不要)

eGFR(mL/分/1.73 m2)=194×SCr(-1.094)×Age(-0.287)( 女性は×0.739)

計算式

eGFR・CCrの計算 | 日本腎臓病薬物療法学会

 

 

 

診察・検査腎臓
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました