スポンサーリンク

原発性アルドステロン症(primary aldosteronism)

概要

・治療抵抗性高血圧の20%がPA
・non-dipper(夜間血圧非下降)の夜間高血圧、夜間頻尿があり不眠を訴える際にPAを考える

・「高血圧で低カリウム血症」を認めた場合も考える
・ただし、低K血症を認めないこともある

 

アルカローシスになる機序

・低カリウム血症となると、K+が細胞内から細胞外に移行する。

・すると電気的中性を維持するため、H+が細胞外液から細胞内へ移行する。また、遠位尿細管のNa–K交換部位でも、Kの代わりにH+が排泄されやすくなる。

・その結果、細胞外のH+は減少し、アルカローシスとなる。

 

スクリーニング

 

※高血圧診療では、PRAおよびPAC測定はルーチンに行うべきである

 

PRA、PAC

・正確な検査のためには、降圧剤の2週間前からの休薬が必要
・早朝空腹時、ベッド上安静30分(不可能なら座位安静15分)とって採血
アルドステロン/レニン比(ARR:aldosterone renin ratio)

 

ARR=PAC (pg / mL) / PRA (ng /mL /h )

PAC:Plasma aldosterone concentration.(血漿アルドステロン濃度)

PRA:Plasma renin activity(血漿レニン活性)

ARR>200(PACの単位がng/mLの時は>20)、かつ PAC≧120pg/mLの時、スクリーニング陽性

専門医にコンサルト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました