スポンサーリンク

尿道カテーテル挿入(特に挿入困難例に対する対処法)

カテーテルの選択

・サイズは14~18Fr(18Fr以上だと、尿道粘膜損傷の可能性もあり)
※ちなみに1Fr=1/3㎜

 

挿入法

ゼリーを10ml程度、外尿道口より注入後に挿入を試みる。

・挿入困難であったカテーテルより、やや太いカテーテルを用いて挿入を試みる
(径が細いとコシが弱く、かえって挿入困難になることがあるため)

・あるいは、チーマンカテーテルを用いてみる

基本的には、以上を試みても無理な場合や、出血を認める場合は無理をせず、
専門医にコンサルトする。

※ スタイレットを使用した尿道カテーテル挿入は難しく、熟練した専門医に任せる

 

 

 

直腸診併用による尿道カテーテル挿入法

参照:救急医学41(3):350‐354

・適応「カテーテル先端が尿道球部付近でつかえ、その原因が尿道の走行異常と考えられる男性」

 

参照(このサイトより引用):https://www.hyo-med.ac.jp/department/uro/general/obstacle/index.html

 

・術者は挿入者とエコー担当者の2名

・挿入者がカテーテルがつかえる部位まで挿入

・直腸診を行い、カテーテルがつかえた部位を腹側に圧迫し、急角度になっている尿道の走行を緩やかにする

(直腸診の要領で指で前立腺を押し上げ、尿道がなるべく直線状になるようにする)

・その状態でカテーテルを先に進める

 

参照(このサイトより引用):https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/cadetto/magazine/1601-t1/201604/546282.html

 

 

 経腹超音波ガイド下で、観察者がエコーで球部尿道付近にあるカテーテル先端部を同定、観察しつつ術者が挿入してもよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泌尿器科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました