スポンサーリンク

アナフィラキシー(ショック): 診断基準と救急対応

アナフィラキシーの定義と診断基準(アナフィラキシーガイドラインより引用)

定義

・アナフィラキシーとは、「アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性アレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」である。

・「アナフィラキシーに血圧低下や意識障害が伴う場合」をアナフィラキシーショックという。

 

診断基準

参照:https://www.jsaweb.jp/modules/stwn/index.php?content_id=7

 

【血圧の目安】

橈骨動脈が触れる→SBP 80mmHg以上
大腿動脈が触れる→SBP 70mmHg以上
総頚動脈が触れる→SBP 60mmHg以上

重症度分類

 

重症度に応じた速やかな対応が必要。

特に重症度グレード2~3にかけてはエピペンを使用するタイミングになる。

 

【グレード1】

各症状は部分的で軽度の段階で、慌てる必要はありません。

症状の進行に注意を払いつつ、安静にして経過を追います。

 

【グレード2】
全身性の皮膚および強い粘膜症状に加え、呼吸器症状や消化器症状が増悪してきます。医療機関を受診する必要があり、処方された「エピペン®」があれば、注射することを考慮します。

 

【グレード3】
強いアナフィラキシー症状といえます。

プレショック状態(ショック状態の一歩手前)もしくはショック状態と考え、緊急に医療機関を受診する必要があります。

救急の現場に子どもに処方された「エピペン®」があれば速やかに注射する必要があります。

 

参照(このサイトより引用):https://www.businessclinic.tokyo/recommend/epipen

 

 

治療

酸素投与(マスク6L)

 

急速大量輸液

リンゲル液(ラクテック®など。生理食塩水にカリウムやカルシウムを加えたもの)

最低1000mLは全開で

SBP≧90mmHgを目標

 

アドレナリン(ボスミン)

喉頭浮腫、喘息、ショック、下痢・腹痛時がある時に施行

0.3㎎(0.3ml)大腿外側に筋注(小児では体重kg当たり0.01mg)

必要に応じて5~15分毎に2~3回繰りかえす

 

大量輸液

リンゲル1000ml全開、その後SBP≧90㎜Hg以上目標に1000ml/30分後ペース)

 

抗ヒスタミン薬

・H1 blocker(ポララミン5mg)+H2 blocker(ザンタック50㎎)を生食50mlに溶いて点滴静注

 

ステロイド(後期反応抑制効果)

中等症以上で投与

・ソル・コーテフ(ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム)500㎎

生食50mlに溶いて点滴静注

または

・ソル・メドロール(メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム)

125㎎

 

その他:

気管支拡張薬吸入

ベネトリン0.5ml+生食5mlネブライザー吸入

 

 

119エピペン使用方法1

 

 

 

 

 

 

救急
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました