スポンサーリンク

しびれの診察

発症様式、しびれの種類、分布、臨床状況の確認

1.感覚障害か、運動障害かの確認
・運動障害を「しびれ」と表現していないか確認する
・pure motor  neuropathy→筋萎縮性側索硬化症、多巣性運動ニューロパチー(脱髄所見)

2.急性発症顔面
・急性発症→血管障害(突然)、血管炎(強い痛み、多発単神経障害)、ギラン・バレー(運動要害目立つ、腱反射消失)、ビタミンB1,12欠乏、悪性腫瘍による末梢神経障害、薬物・毒物
・顔面にもしびれ→手口感覚症候群の可能性(対側視床血管障害の可能性)

3.種類
・顕著な脱力+多少の感覚障害→critical illness polyneuropathy(敗血症、多臓器不全)、ギラン・バレー(上行性筋力低下、脳神経障害、自律神経障害、脱髄所見)、CIPD、鉛中毒(リスト、アンクルドロップ)、急性ポルフィリン症(貧血、腹痛)、シャルコー・マリー
・疼痛が強いしびれ→血管炎、糖尿病、アルコール、アミロイドーシス(small fiber neuropathy)
・感覚失調→ビタミンB12、ギラン・バレー、CIPD、IgM型M蛋白血症

3.手以外に足にもしびれがないか確認
・遠位優位の四肢→糖尿病性ニューロパチー、ビタミンB1欠乏、薬剤性ニューロパチー
・灼熱感、針で刺されるような痛みなど、有痛性症状の先行→アルコール性ニューロパチー、原発性ALアミロイドニューロパチー
・顔面や体幹にもしびれあり→傍腫瘍症候群による亜急性感覚性ニューロパチー、シェーグレン症候群、薬剤性ニューロパチー
・単ニューロパチーが時間経過とともに多発→血管炎
・non-length dependent small fiber sensory polyneuropathy(末梢優位だが、手背、足底にはない)→自己免疫疾患(シェーグレン、腫瘍随伴症候群、等)

具体的疾患名
【単神経障害】
・手根管症候群(環指撓側のしびれ、短母指外転筋筋力低下)
・橈骨神経麻痺
・外側大腿皮神経痛

【多発神経障害】
・糖尿病性神経障害
・アルコール性
・血管炎
・ギラン・バレー
・膠原病


脳神経系
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました