スポンサーリンク

DM検査(初診時の検査や薬物開始適応)

初診時に確認すべきこと

・血糖値

・体重とその推移(特に急激な体重減少の有無)

・尿ケトン体の有無(高血糖があり、尿ケトン体が陽性の場合は早急にインスリン治療が必要)

・早期眼科受診(網膜症チェック)

 

初診時検査項目

・空腹時血糖

・空腹時インスリンまたは空腹時Cペプチド

3か月につきどちらか1回のみ保険適応

・HbA1c

・抗GDA抗体

・肝機能、腎機能、脂質

・尿検査(尿アルブミン)

・腹部エコー(膵癌の除外)

 

糖尿病に関する指標

血糖コントロール状態

HbA1c

過去1~2か月間の平均血糖値を反映

 

グリコアルブミン(GA)

・アルブミンの糖化産物。過去2週間の平均血糖値を反映

・赤血球寿命やエリスロポイエチン製剤の影響を受けず、透析患者の血糖コントロール指標にはHbA1cは参考程度にとどめ、GA20%未満を管理目標とする。

 

インスリン分泌、インスリン抵抗性の指標

空腹時インスリン値

正常: 2~10 μU/mL

15μU/mL以上をの場合は、明らかなインスリン抵抗性の存在が考えられる)

 

空腹時血中Cペプチド

正常≧1.0ng / mL

・0.6未満でインスリン欠乏(インスリン依存状態)

 

CPI(CPR index)

治療でインスリンが必要になるかの指標

{空腹時CPR(ng / mL)✕100}/ 空腹時血糖(mg / dL)

≦0.7:インスリン必要

≧1.2:食事、運動、経口薬

 

 

24時間尿中Cペプチド

正常:50~100μg / 日

・20以下でインスリン欠乏(インスリン依存)状態

 

インスリン抵抗性の指標HOMA-R, HOMA-β
インスリン抵抗性の指標
HOMA-IR(homeostasis model assessment for insulin resistance)

インスリン抵抗性の簡易指数

{空腹時血糖値(mg/dL) ☓ 空腹時インスリン値(µU/mL)} / 405
≦1.6:正常
≧2.5:インスリン抵抗性あり

 

HOMA-β (homeostasis model assessment for β cell function)

内因性インスリン分泌能の簡易指数 ( % )

{空腹時インスリン値(µU/mL)☓360} / {空腹時血糖値(mg/dL)ー63}

≦25%:やや低下
≦12.5%:インスリン分泌不全
(正常体重健常人が100%)

 

 

 

初診時からインスリン治療の要否

インスリンの絶対的適応

・1型糖尿病→専門医へ

・高血糖(切迫)昏睡→専門医へ

・随時血糖300㎎/dL以上

・尿ケトン2+以上

・重度肝機能、腎機能障害

・重度感染症

・中等度以上の外科手術

・中心静脈栄養中

・糖尿病合併した妊娠

 

インスリンの相対的適応

・空腹時血糖250以上

・随時血糖350以上

・尿ケトン体陽性(+)以上

・ステロイド薬使用の場合

 

 

 

 

【中古】 総合診療(3 2018 Vol.28 No.3) 月刊誌/医学書院(その他) 【中古】afb【中古】 総合診療(3 2018 Vol.28 No.3) 月刊誌/医学書院(その他) 【中古】afb

 

 

 

 

 

 

ここが知りたい! 内科外来ハンドブック

内分泌・代謝DM
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました